TDY、Temporary Duty。アメリカの軍隊用語で出張を意味する。世界の僻地の出張記録!TDYの次は日常の雑感

現役時代の出張記録。人との出会いと感動。TDY編を終え、写真を交えた日常の雑感を綴る。

折々の写真&雑感 126

2017年08月13日 | エッセイ
 前回に次いで、TDYビルマ編で思い出したことの続きである。2013年9月23日付のTDYビルマ編の「4」で、ビルマでは色が白く、多少太り気味の人が裕福な人の代表であり、一種のステータス・シンボルであると書いたことがある。

 一般的なビルマ人の肌の色の多くは日本人より多少は陽に焼けているかなというぐらいである。だが中には黒人と思えるほどに黒い肌をしていたり、抜けるように白い肌の持ち主もいる。色の黒い人は「山中で力仕事をしている最下級の人間」と評されている。その所為か、謂れもないのにインド人が嫌われている。彼らの住む部落はラングーン(現ヤンゴン)から車で一時間ほど北に行ったところにあるが、その前を通るときは全速で走り抜ける。そこを通る度に、興味ある写真が撮れそうなので「停めてくれないか?」と云っても聞こえない振りをされるか、「駄目です」と云われるかであった。
 ラングーンの街中でインド人を見かけることは少ないが、たまに見かけることがある。ビルマ人より頭一つ大きいのですぐに見つけられた。ビルマ人が彼らに暴力を振るうことはないが、決して友好的な態度は見せない。

 タイのバンコクでも同じ経験をしたことがある。空港で拾ったタクシーの運転手にホテル名を告げると驚いたような顔をされたことがあった。「旦那は日本のお方でしょう?なんであんなインド人が泊るようなホテルに泊るんですか?」と聞かれた。私が黙っていると、「あんなホテルはお止しなさい。私がいいホテルにご案内します」と云われた。貿易仲間に紹介されて、以前にも一度利用したことがある。部屋は清潔で、従業員の態度も悪くなかった。それにタイ航空の事務所も近くて便利であった。今回はビルマに一緒に行く木材業者とそのホテルで待ち合わせをしているので、別のホテルには行くわけにいかなかった。運転手は首を振りながら、そのホテルまで行った。その道すがら、「あれを見て下さい」と指さす方を見ると、インド人が手を挙げても素通りしてしまう何台ものテュクテュク(軽三輪のタクシー)だった。

 まだ写真を撮りに行けていない。今回も以前の写真でご容赦願いたい。ハンターマウンテンのゆり園と上三依水生植物園で撮ったものである。

 以下のような花の写真はマクロレンズで撮る人が多くいる。だが私は中望遠レンズで撮ることを好む。70-200ミリのレンズは望遠レンズのカテゴリーだとする人もあるが、私は中望遠と考えている。70-200ミリのうち、私が良く使うのは70-100ミリの間が多い。余談だが、このキャノンの70-200ミリのレンズはボケが良く、テレビドラマを撮っているプロのカメラマンがこのボケを使いたくて、わざわざキャノンの一眼レフを買い、それでドラマ撮影をすることもある。業務用のテレビカメラを使わなくとも、最近の一眼レフカメラは性能が良く、動画機能を使ってテレビドラマの撮影も可能だと、そのカメラマンは云っていた。だが、私は一度も一眼レフの動画機能を使ったことはない。使い方も知らない。我々は使いもしない動画機能を無理に買わされているのではないだろうか?キャノンのサービス・ステーションで文句を云った際、「まぁ、おマケだと考えて下さい」といなされた。そのおマケでテレビドラマの撮影が出来るとは驚きだ。


キャノンEOS7DにEF70-200mm、2.8Lを装着。 ISO:100、 f2.8、 1/320秒、 露出補正:+1、 WB:オート。


キャノンEOS7DにEF70-200mm、2.8Lを装着。 ISO:100、 f2.8、 1/320秒、 露出補正:+1、 WB:オート。


キャノンEOS7DにEF70-200mm、2.8Lを装着。 ISO:100、 f2.8、 1/640秒、 露出補正:+1、 WB:オート。


キャノンEOS7DにEF70-200mm、2.8Lを装着。 ISO:100、 f2.8、 1/640秒、 露出補正:-2/3、 WB:オート。


キャノンEOS7DにEF70-200mm、2.8Lを装着。 ISO:400、 f8、 1/200秒、 露出補正:-1、 WB:オート。


キャノンEOS7DにEF70-200mm、2.8Lを装着。 ISO:400、 f11、 1/100秒、 露出補正:-1、 WB:オート。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 折々の写真&雑感 125 | トップ | 折々の写真&雑感 127 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
インド人 (M/M)
2017-08-13 10:11:05
アジアでインド人がそれほど嫌われているとは知りませんでした。もっとも我々にとってインド人は馴染みがないせいかもしれません。
理由は? (Jamco)
2017-08-13 10:20:51
どうして嫌われるのかは不明です。ビルマでもタイでも、住んでいるインド人はカーストの低いインド人であると聞いたことがあります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL