TDY、Temporary Duty。アメリカの軍隊用語で出張を意味する。世界の僻地の出張記録!TDYの次は日常の雑感

現役時代の出張記録。人との出会いと感動。TDY編を終え、写真を交えた日常の雑感を綴る。

折々の写真&雑感 104

2017年03月13日 | エッセイ
 先週に続いて、トンチンカンな人たちの話である。友人ではない。マダガスカル人の話である。TDYマダガスカル編2で述べたように、太陽が南にある日本はおかしな国だと、空港で働く英語の達者なオバさんに云われた。それだけではない、マダガスカルのホテルはどこでも洗濯を依頼する場合、洗濯籠や洗濯袋に入れるのではない。床に置いておけばいい。置いておくと云うより、放り投げておけばいいのだ。ある朝、ベッドの上に脱いでおいたセーターが見当たらなかった。私には上等すぎるカシミヤのセーターであった。シャツやソックス、それに下着類もなくなっていた。私が目覚める前にハウス・メイドが洗濯物を集めに来たのだ。ベッドの上に脱ぎっぱなしにしておいたセーターが、寝相の悪い私のせいで床に落ちてしまったようだ。慌てて電話をした。ほどなくメイドがびしょ濡れになったセーターを持って部屋にやってきた。遅かった。上等なセーターは形を変えてしまっていた。自分の不注意と諦めた。

 アフリカにセーターと不思議に思われるかもしれぬが、夏でもアンタナナリブ(Antananarivoと書いてアンタナナリブと発音する)は摂氏22度か23度である。夜は冷える。従って、首都のアンタナナリブにいる限り、冷房のためにエアコンを使用したことはない。使うのは暖房のためである。冬にはマダガスカル人はダウン・ジャケットを着る。多少は薄手だが、中には日本で着るような厚手のものを着ている人に会うこともあった。然もその下にはウールのシャツである。我々北半球の人間は半袖シャツで充分だが、時にはセーターを着ることもあった。

 冬(日本では夏)の時期にアンタナナリブに旅行なさったことのある方はご存じだろうが、決ったように袖の短くなった、また丈が縮んだセーターを着ている。新しいうちはゆったりしたセーターでも、一度洗濯をすると縮んでしまうのだ。彼らは純毛のセーターをお湯で洗うことを知らない。だから、私は上等なカシミヤのセーターを諦めたのである。彼らの発想には純毛製品をドライ・クリーニングとか、お湯で洗うとかの発想はない。だから水で洗っても縮まない化学繊維のセーターが喜ばれるのだ。純毛製品より値も高い。ビルマ(現ミャンマー)で、本物のコーヒーより、インスタントコーヒーが喜ばれるのと同じような現象であると感じた。

 カシミヤのセーターは、縮んでも体に合うホテルのハウス・メイドに差し上げた。だが、さして喜ばれなかった。化学繊維ではなかったからである。

 3月の初めからメジロのシーズンが始る。毎年この時期になると新宿御苑にメジロを撮りに行く。今年は2月の中旬にはメジロが頻繁に現れている情報を得ていたが、写真展をはじめ、何かと忙しく、先週にやっと行けた。残念だが未だ写真の整理が終わっていない。以下の写真は昨年と一昨年のものである。


キャノンEOS7Dに100-400mm、4.5-5.6Lを装着。 ISO:100、 f5.6、 1/600秒、 露出補正:+1、 WB:オート。


キャノンEOS7Dに100-400mm、4.5-5.6Lを装着。 ISO:100、 f5.6、 1/400秒、 露出補正:+1、 WB:オート。


キャノンEOS7Dに100-400mm、4.5-5.6Lを装着。 ISO:100、 f5.6、 1/600秒、 露出補正:+1、 WB:オート。


キャノンEOS7DにEF70-200mm、2.8Lを装着。 ISO:100、 f5.6、 1/200秒、 露出補正:±0、 WB:オート。


キャノンEOS7DにEF70-200mm、2.8Lを装着。 ISO:100、 f5.6、 1/200秒、 露出補正:±0、 WB:オート。
 この写真と上の写真の2枚だけが70-200mmのレンズを使用しているのは、メジロを撮りに行ったのではなく、寒い日であったので温室での撮影が目的であったからである。帰りにメジロの来る寒緋桜のところに行ってみると、メジロが鈴なり状態になっていた。彼らは寒さなど平気であるらしい。甘い蜜があればいいのであろう。


キャノンEOS7Dに100-400mm、4.5-5.6Lを装着。 ISO:100、 f5.6、 1/500秒、 露出補正:+1、 WB:オート。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 折々の写真&雑感 103 | トップ | 折々の写真&雑感 105 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マダガスカル人 (M/M)
2017-03-13 09:41:50
トンチキと云いながら、Jamcoさんはマダガスカル人が好きなのですね。そのように感じられます。
幸せな人種 (Jamco)
2017-03-13 09:50:06
M/Mさん、いつもいつもコメントをありがとうございます。彼らはの国はアジアであると信じ、大変な日本びいきです。愛すべき人たちです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

エッセイ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL