マヨの本音

日本の古代史から現代まで、歴史を学びながら現代を読み解く。起こった出来事は偶然なのか、それとも仕組まれたものなのか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

卑弥呼は公孫氏?

2011年02月11日 07時40分39秒 | 古代史
飯山さんのHPで「卑弥呼は公孫氏」という話題が載っている。最近は古代史の研究からやや遠ざかっているものの、以前はずいぶんこの問題で悩んだものである。
「宣帝の平らげた公孫氏なり」と読むのか、「宣帝の平らげるや」と読むのか?私は鹿島昇氏のファンであったから当然前者と考えていた。しかし、何人かの中国人に聞いてみたが、どう考えても「どちらとでも取れる」のである。
そして例の「卑弥呼は公孫氏」という本の著者である山形明郷氏に手紙を書いたのである。結果、彼も「どちらでもいい」と述べたのだ。

優秀な中国の史官がどちらとも取れる書き方をするのは、やはり何らかの意図があったと思うのである。つまり官僚独特の「逃げ」であった可能性が高い。
しかし、私の解釈は晋書が言いたかったのは「卑弥呼が朝貢したのは公孫氏が滅びた後であり、魏志の記述には偽りがある。」であり、正史にケチをつけることは許されないため「卑弥呼は公孫氏である。」という新説を披露するふりをしてこっそりと真実を後世に伝えたかったものと解釈している。
いずれにしても、私は卑弥呼が天皇家の歴史に関わるとは思っていないので、彼女の出自が公孫氏だろうが、なかろうが大して意味はないのである。

以前、そのあたりの考察をシバちゃんブログで超短編小説として書いているので是非ご覧いただきたい。
先日久しぶりに読み返してみたが、我ながらなかなかのものであるよ。

私がこの小説で表現したかったのは、邪馬台国が中国の史書に登場したのは、魏が公孫氏を滅ぼすにあたり、公孫氏に接している国々と友好関係を築き、公孫氏を孤立させようと謀略をめぐらしたからだということだ。
倭という国が韓半島にあったことは中国のいくつもの史書に顔を出しており、誰も否定はできない。問題は、私が考えているように、現在の北朝鮮地域にいたのか、それとも現韓国地域に存在していたのかであるが、公孫氏が遼東、現在の遼寧省に存在したと考えると、私としてはシバちゃんで書いたように遼東半島から現北朝鮮地域にあったと確信するのである。
今日は休日である、それほど時間はかからないので笑い話として私の短編小説を読んでいただきたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ありがとうございます。 | トップ | どうせならでっかい妄想を語... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (初心者)
2011-02-11 11:11:27
>シバちゃんブログ で超。
先日久しぶりに読み返してみたが、

我ながらなかなかのものであるよ。

笑い話として私の短編小説を読んでいただきたい。




いやいや、マヨ博士、笑い話のレベルではありませんよ。さすがです。人間は、道を究めれば、神が宿ります。やはり、好きなものには、更に、更に、探究すべきです。最近は、中折れで、手抜き記事が、疲れます。忙しいのは分かります……。が、しかし、私は、また、昔の、マヨ節が聞きたいです。一ファンとしてね。
邪馬台・大倭・大和 (fairy)
2011-02-11 11:52:38
こんにちは。いつも興味深く拝見しております。卑弥呼は公孫氏経由で朝貢していたと思います。邪馬台(中国名?)妄想ですが、秦から逃げるように中国~九州~三河(徐福末裔)~奈良。スキタイ倭と先住王に滅ぼされ継承。また九州へさらにまた近畿へ?移動しすぎですかね。。。そのうち卑弥呼の墓がわけがわからなくなったのかな。。。すみません。妄想です。始皇帝もスキタイ系でしょうね? サンカですが、小沢さん転々とするのもにてますね。竹細工で鬼塚さんもだったりして。。。三河は閉じ込められた神のオンパレードですね(^^)
初心者さんへ (mayo)
2011-02-11 12:18:43
まことにどうも・・・、手抜きで申し訳ない。暇がないうえに、現在韓流ドラマにはまってまして、もうしばらくお許しを・・・。
fairyさんへ (mayo)
2011-02-11 12:26:23
歴史の解読は妄想の塊です。真実と言われる歴史教科書より妄想の歴史のほうがより真実に近いと私は思っていますよ。
妄想、どんどん進めてください。
卑弥呼が面白くなって来ました。 (kita)
2011-02-13 07:46:15
mayoさん、おはようございます。

飯山さんところでmayoさんを取り上げていました。
どうも卑弥呼については認識が異なるようです。
どちらにしても教科書の歴史は洗脳装置ですので今までの公の歴史なんか信じてたらやつらの思う壺なのですが、お二方の違いをこうして比較できるのもあり難い事です。
それにしても、公家とか天皇とかこの辺りは非常に怪しいですね。
kitaさんへ (mayo)
2011-02-13 09:56:10
いやいや、はずかしい。ちょっとやりすぎました。反省しています。
飯山さんは上手ですな、上げたり下げたり・・・。
Unknown (京丹)
2011-02-20 22:43:32
卑弥呼は蛭子命でしたっけ?
うん?なんか混乱してますが(笑)
いずれにせよ、卑弥呼は今現在
宇宙に存在してますよ。(笑)

http://mediajam.info/topic/877289

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

古代史」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています