マヨの本音

日本の古代史から現代まで、歴史を学びながら現代を読み解く。起こった出来事は偶然なのか、それとも仕組まれたものなのか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もうすぐオリンピックだね。

2012年07月15日 21時58分07秒 | 世界の支配者
オリンピックがもうじき開幕するよね。で、オリンピックとはなんだろうか?

もちろんスポーツの祭典である。一番の疑問は、たかが世界の体育祭にすぎないオリンピックをどうして世界各国が開催したがるかである。石原慎太郎氏は未だに東京誘致を諦めていないのだ。
この疑問を解くには昨日ブログに書いた「なぜ自然災害が多発するのか」の理由を考えなければならない。

世界にはABCDEの支配層がいると私は何度も主張した。ただ、そのうちAとCはほぼアジア圏内に限られ、残りのBDEは世界中にその細胞組織が張り巡らされている。
(Dは現在勉強中で一応カトリック、Bはスカル&ボーンズ、Eはプロテスタントという区分だけど、まだ十分に説明できていない)
まず、Aはほぼ旧帝国陸軍の生き残りで、彼らは戦後復員し、東京裁判でも無罪となっている。特に悪名高い中野学校の連中は名前を変え、一流企業やお寺などの住職として身を隠した。Cは平安時代から日本の皇室を操ってきた神社・寺社の代表達である。

日本の財政は国民の知っている財務会計では維持できない。つまり、我々が知っている一般会計(一般歳入と国債)ではとてもやりくりできず、ベールに包まれた特別会計でやりくりをしている。問題はこの特別会計が特別な資金を繰り入れることで成り立っているのだ。この仕組みは説明することはできないが、Goldwarriorsに書かれている秘密資金のようなものと考えてほしい。この資金で戦後の日本は復興したといっても過言ではない。しかし、平成になるころに日本は繁栄期を終え、衰退期に入ることが決定された。

八咫烏という名前はベンジャミン氏や飛鳥昭雄氏で紹介されたことがある。この組織は一部では皇室奉公衆とも呼ばれる。その八咫烏は戸籍を消し、三人の蔵元衆と呼ばれる幹部の指令で日本中で活動する秘密諜報部員なのである。彼らは莫大な裏金を使って日本を繁栄させてきた。ただし、裏金の元金を減らさないようにあくどい投資や詐欺、あるいは兵器売買も行っている。ただ、皇室奉公衆という以上、皇室の権威を高める活動も役目の一つであることはもちろんである。ただ、奉公というより監視する役目と言った方がいいのかもしれないが・・・・。

さて、日本が衰退期に入ることが決定し、大量の裏金の投入はもはや終わったとはいえ、どうしても必要な資金はどうしても必要になる?
例えば大きな災害である。阪神淡路大地震、東北大震災、新潟大地震はもちろんのこと、毎年起きる100年に一度の災害や、かつて経験したことがないような災害には文句なく裏金が適用される。表に出る資金で賄えるわけはないのだ。例えば昨年の節電で損害が出たが、国民の知らないところでとんでもない金額が補償されている。インフラの再構築を含め、今後つぎ込まれるであろう資金は天文学的数字で、国家歳入の40兆円すべてをつぎ込んでも足りないほどだろう。

おっと、話がそれてるね、オリンピックだよね。つまり、これは世界の貴族が4年に一度集まる大集会なのである。世界中から集まった選手が命がけで戦っている姿を見ながら、世界の貴族が酒を飲みながら談笑する一大イベントである。ベンハーという映画があったよね。もちろんその裏で秘密の会議が開催されるわけだけど・・・。
つまり、日本の裏金ではなく「世界の裏金」が落とされるのである。会場の設営費、インフラ整備の費用、その他、莫大なお金が領収書なしで使うことができる。ただし、落とされる金額が莫大なだけに、終わった後の反動は深刻である。でも、大企業や支配者の手先たちはこたえられないようなおいしい思いができるのだ。

正直いうと、どうしても書けないことがあり、全部が真実ではない。でもこのような仕組みなのだということをわかっていただきたいんだよね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小沢さんに何を期待する? | トップ | たまには難しい話でも・・・ »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オリンピアンズ (kita)
2012-07-16 07:38:58
ずいぶん前にオリンピアンズの話題が有りましたね。

http://www.asyura2.com/12/cult9/msg/451.htmlより引用
>この雇兵の最大大手企業がハリバートン社で、ブッシュとともにイラク、アフガン戦争を仕掛けたチェイニー副大統領がCEOです。しかし、ハリバートンの実質支配者はオリンピアンズ(注 オリンポスの神々の末裔を自称する世界支配層の連中のこと)の面々です。生かすも殺すも、オリンピアンズしだいということが理解できたでしょうか。

mayoさん始めここの読者はあらためて鬼塚さんの本を読む必要も無いでしょうが本当に世界は「漫画」です。

小沢さんには懐疑的なんですが、次の選挙は躍進するんでしょうね。それしか選択支が無い状態で・・・外国人参政権が実現し、「特殊な日本人」の支配が完成するんでしょう。(もう完成しているか?)

ps (kita)
2012-07-16 07:40:17
ゼロ磁場の写真アップはどうしてですか?
kitaさんへ (mayo)
2012-07-16 08:16:20
外国人参政権にこだわってますね。あまり論議されていませんが、そう簡単には行かないでしょう。いずれにしてもセット販売なので、どこを選んでも不要な商品が付属してきます。単品売りが望ましいのですが。
ゼロ磁場のアップはブログが勝手にしていることで、意図的なものではありません。

ハリバートン社は有名ですが、「ブラックウォーターUSA XeサービシズLLC(ゼー・サービシズLLC。旧ブラックウォーターUSA)は、アメリカ合衆国の民間軍事会社である。 1997年にアメリカ海軍特殊部隊SEALsを退役したエリック・プリンスにより、ブラックウォーターUSAとして創設された。」も注目ですね。
いずれにしても、派遣会社に就職したら知らないうちに戦場で人殺しをすることになるような時代になっています。
mayoさんへ (紅梅)
2012-07-16 14:23:15
Rik Clayという若者がロンドンオリンピックのことを調べ、あるラジオ番組に出演した後、自殺をしてしまいました。(実際には追い込まれたのだと思います。)
そのラジオ番組(すみません、すべて英語です)がこちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=s-UOokhHeYE&feature=relmfu

支配層が隠そうとした全てがこのビデオにあるような気がしています。
紅梅さんへ (mayo)
2012-07-16 15:07:34
文章ならともかく、英語を聞きとることは私には無理です。どんなことを言いたかったのですか?
mayoさんへ (紅梅)
2012-07-17 05:18:50
このビデオには多くのシンボルに関する情報が説明されています。

オリンピックのスポンサーと支配層の関連、ロンドンオリンピックロゴ作成者とフリーメーソンとの関連、ロンドンオリンピックスタジアム周辺の道路の名前と聖書との関連、オリンピックサイトと地球のエネルギーグリッドとの関連、星座と宗教との関連、ダイアナ妃とエジプトの神、アイシスとの関連、ウィリアム殿下とオリンピックとの関連、北京オリンピックとのマヤカレンダーとの関連、フリーチベットとCIAとの関連、エジプトとパリ、ロンドン都市設計との関連、シンボルと精神世界/宇宙の力との関連などです。

ビデオには多くの映像が含まれているので、全てを聞き取ることができなくても、どのようなことが関連しているかは『絵』で確認できるかもしれないと思ってお送りしました。

オリンピックには多くの意味があると私も考えています。
なるほどおおお (ならんと)
2012-07-17 12:04:21
いつもためになるお話をどうもありがとうございます。私はまだまだ皆さんのお話に加われるほどの知識がなくって残念ですが、ここに来ていろいろうかがっているうちに、たいがいなことでは驚かなくなってきました。あと、知識とかだけじゃなくって、世の中を斜めに見るときの角度がわかってきたっていうか。。。紅梅さんご紹介のビデオにも挑戦してみます!(^^)。
紅梅さんへ (mayo)
2012-07-17 14:48:32
見るだけで為になるならお安いことではないですか。ぜひ見させていただきましょう。
生まれ変われるなら、今度は英語を話せるようになりたいな・・・名古屋弁だもんね。
ならんとさんへ (mayo)
2012-07-17 14:53:46
ならんとさん、こんにちは。熊本弁ですか?
斜めに見る角度がわかってきた?そりゃあすごい。私は支配者になったつもりか、もしくはマジシャンになったつもりで世の中を見ます。世の中は全て手品のようなものです。始まる前に終わっていたり、右手にあるように見せて、実はどこにもなかったり・・・。
なるほど!! (タロ)
2012-07-17 17:29:45
そうか!やっと見えてきました。
私が出会った世が世なら人達は、戸籍が無かったのか・・・

だから、信じられないほどの潤沢な資金でもって海外の裏ルートから○○○持ち込んだり、、、まさかと思える位の高い人々と歓談できたりしたんだな。表向きの肩書きは、○○○だったもんな!!



そしていつの間にやらこの世から消えたりして、忍者かよ?!って思っていたけど、彼らはそういった存在だったんですね。

当てはめていくとすべてが腑に落ちます。

嗚呼、深入りしないで良かった。
生きてるもん♪
情報感謝です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世界の支配者」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事