何はともあれ無事で何より

3/15 旧【制服万歳!】を止めて改称しました

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自衛隊手帳のムダ話

2010年03月25日 20時09分07秒 | 陸上自衛隊
昨日の日記にも書きましたが、自衛隊手帳は昨年も使っていました。
2009年度版のは、朝雲新聞社にネット通販で申し込んで購入したんですが、こちらはクッション材(俗にいうプチプチ)が内側にはいった封筒に入れて発送されてきました。(同封された郵便振込書で支払い)

2010年度版のは、友人からのプレゼントだったんですが、ごくごくフツーの事務用封筒に入って送られてきました。
プチプチなくても、本体無事でした。(【折曲厳禁】の但し書きはあったけど)

いや別に、送料高いよ、なんて言ってないよ。




ところでこの自衛隊手帳。
昨年2月下旬に陸上自衛地朝霞駐屯地行われました「女性のための自衛隊一日見学」で貸していただいた迷彩服の胸ポケットにきっちり入りました。
ええ、そりゃあジャストフィット!なんてもんじゃあ。
オーダーメードか?!ってなくらいに。



もしかして、自衛隊手帳は迷彩服(の胸ポケット)を基準に作られているのか?
とバカなことを考えてしまった私です。



でね、でね。
この手帳、きっちり役に立ってくれました。

見学プログラムの最初に組まれていた防衛講話の終盤。
「駐屯地のない県はどこでしょう?」
というクイズが出題されまして。
見事答えられたら、プレゼントをくれるというので、参加者全員わきわき♪

で。この手帳。知ってる人は知ってると思いますが(当たりまえだ)、手帳の後ろ4分の1は自衛隊資料がばっちり。陸海空の組織図や、装備品性能諸元とか、歴代の防衛庁長官と事務次官とか米陸海空軍との階級比較表とか。
そりゃあもう、私のような輩にとっては、オトナの雑誌を手にした中学生男子並みにぞくぞくさせるものがテンコ盛りで。
普段からぱらぱらとこの資料を眺めてはいたのですが。

ついに出番だ!



敷地内を移動する薄暗いトラックの幌の中で、細かい字を追いましたよ。「所在地・電話番号一覧~陸上自衛隊編」の中から、駐屯地のない県を。

残念ながらあと一歩のところで、別の方がクイズ番組「ファイナル・アンサー」でいうところの「コール」を使って正解を出されていましたが、皆さんの前であの手帳を胸ポケットから取り出した時は、ちょびっとばっかし気分良かったですね♪

肝心の班長には気付いてもらえなかった点さえ除けば・・・。





本日のブログは暴走気味の内容だったので、最後に自衛隊手帳の最初の方に印刷されてる「服務の宣誓」を引用してお茶を濁しますね。(ちょ)




<一般の服務の宣誓>

 「私は、わが国の平和と独立を守る自衛隊の氏名を自覚し、日本国憲法及び法令を遵守し、一致団結、厳正な規律を保持し、常に徳操を養い、人格を尊重し、心身をきたえ、技能をみがき、政治的活動に関与せず、強い責任感をもつて(註:原文まま)専心職務の遂行にあたり、事に臨んでは危険を顧みず、身をもつて責務の完遂に務め、もつて国民の負託にこたえることを誓います。」





ちなみに自衛官はすべからく、この↑宣誓文を記載した宣誓書に署名押印して服務の宣誓を行わなければならない、と自衛隊法施行規則第39条において定められています。

一言でいって、すごい!

こんな短い文章にきっちりと自衛官道のエッセンスが詰め込まれてる。
誰が考えたんだろうなぁ。
こういうのは、目黒の史料室にいけば、見付かるんだろうか?



ちなみに「宣誓」はこの他、防衛大/医科大の<学生の服務の宣誓>や、<予備自衛官の服務の宣誓><即応予備自衛官の服務の宣誓><予備自衛官補の服務の宣誓>ときて、最後に<幹部自衛官の服務の宣誓>がくる。

予備自衛官の3パターンはほぼ同じ。ただ即応、予備が

「訓練招集に応じては専心訓練に励み、防衛招集、国民保護等招集及び災害招集に応じては自衛官として責務の完遂に務めることを誓います。」

とくるところを、「補」は、

「教育訓練招集に応じては専心教育訓練に励むことを誓います」

て表現されてるところが、まだまだ教育中なんだな、って印象を受ける。

学生の場合は、

「知識をかん養し(略)全力を尽くして学業に励むことを誓います。」

というあたりが、いかにも学生さん用という印象で、ほほえましい。



個人的に「じゃじゃじゃじゃじゃ~ん」と脳内ファンファーレをかましてしまったのは、残る<幹部自衛官の服務の宣誓>

 「私は、幹部自衛官に任命されたことを光栄とし、重責を自覚し、幹部自衛官たるの徳操のかん養と技能の修練に努め、率先垂範職務の遂行にあたり、もつて部隊団結の核心となることを誓います。」


「光栄とし」だよ、のっけから。
なんかこの一文、実際に宣誓するのは下は23才から上は50代前半と幅広い訳だけど、これまでの「徳操のかん養」や「技能の修練」にもまして、「重責を自覚」し、なおかつ、「率先垂範」が求められているんだね・・・。


うん。ちょっと、どころか、なかなかいいよね。
幹部の幹部たる所以をきちんと文字にあらわした物を読むと、奥歯をぎゅっと噛み締めたくなるような感じがする。
普段、こんな背筋が伸びるような文にはお目にかかる事ないから、なおさら。

素直に、自衛隊がんばれ!といいたくなる。





特に、陸自に対し猛威を奮っている見当外れな制裁に憤りを覚える今。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いまさらですが・・・正解です! | トップ | 職業選択の自由、あははん♪ »
最近の画像もっと見る

陸上自衛隊」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事