中国足心道 足揉みぱくちゃん 「今日も元気だ!ご飯がうまい!」

「足揉みぱくちゃん」の療術師 市村良子の日々の出来事、暮らしを綴った日記です。

コンニャク足だったから?

2017-07-31 00:55:37 | Weblog
「固くて冷たい足は勿論ダメだけど、柔らかずぎてクニャクニャしたのもコンニャク足って言ってダメなんだよ。
足は、適当に張りがあるのが一番いいんだよ」
と、亡き院長先生がいつかおっしゃってました。

でも、コンニャク足って言うのがどんなものなのか、出会ったこともなかったのですが。。。

40代女性。
毎月揉みになって3年目。
その前は、1年に1回だけ来られました。
その前の前は、連続8週で終わり。

特に病気があるわけでもなく、事務職なので、パソコンを使い過ぎると肩がこるし足が浮腫むという程度。

3年前、久々にご連絡いただいて、来られた足を見てびっくり!
ひどく浮腫んで上半身とまるでアンバランス。
サリーちゃんの足みたい。。。(知ってる方はそれなりのお年。。)

「そーなんです。ひどく浮腫んでますよね~」とご本人も。

揉んでみると、脾臓の反射区で「ぎゃー!」と叫ぶ。
針で刺したような激痛だそうで、低血圧や貧血はない。不明。。

当時、足は柔らかくフワフワした感じだったので、特に心配のない状態だと思っていました。
それから、月に1度の間隔で来られましたが、脾臓のギャー!は変わらないけど、足の浮腫みは改善されました。

脾臓のギャーがたまに腎臓のギャーに変わったりしましたが、他に気になる点もなく2年が過ぎました。

ギャーが無くなってきた頃、ふと足が固くなってるというか、張ってきたような気がしました。
反射区が固くなるというのとは違って、冒頭に書きました「適度な張り」と院長が話してくれた固さです。

「足の様子が変わってきたように思うのですが、何か変化ありました?」
「そう言えば、最近、あまりこけなくなりました。子供の時から、よくこける子だったんです。会社の友人と歩いている時に、隣でいきなりこけるもんだから、びっくりされたりして。。。」

50代位から、何もない所に足が引っかかってこけそうになるってのは、私も経験しました。
足が上がってないから、つっかかるのよと言われ、加齢のせいかと納得してましたが、この方のように、子供の時からよくこける、大人になってからもこけ続けるというのは、はて?

と思った時、思い出したのが「コンニャク足」だったのです。
足がくたくたでまるで張りがないから、踏ん張れない。安定感もない。少しバランスが崩れることがあったら、そのまま倒れてしまう。

脾臓のギャーも何か関係があったのでしょうか。
2年以上足を揉み続けて、足に適度な張りが出てきた。
地面にしっかり、足裏がつく。踏ん張れる。安定する。こけない。

きっとそうだ。
コンニャク足だったから、こけてばかりいたんだね。
月に1度の足揉みは、ずーっと続いています。
これから、まだ変化し続けるのか、分かりません。

40年近く、理由も分からずこけ続けてきた女性。
足と脳は、どこをどうやったらいいのかちゃんと知っていたのですね。
いつもながら、本当に不思議だな~と思います。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつまで行けるかな。 | トップ | 「パッチ・アダムズ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL