中国足心道 足揉みぱくちゃん 「今日も元気だ!ご飯がうまい!」

「足揉みぱくちゃん」の療術師 市村良子の日々の出来事、暮らしを綴った日記です。

あ~勿体ない、勿体ない。

2017-02-21 23:31:57 | Weblog
今日来られた方のお話。

孫が大学受験なんです。
それで、昔、やつでの葉を持っていたら、試験に受かるって聞いたことがあって、やつでの木を探したのですが
なかなか見つからなくて。
昔は、どこにでもあったような気がしたのですが。。。

この方は、村中あちこち歩きまわって、とうとう1軒の見ず知らずのお宅の庭にあるのを見つけたそうです。
やつでの中でも、葉が八つに分かれているものじゃないとダメなんだそうで、庭の外から、一枚二枚と数えて、
小さいけど八つの葉を見つけて、チャイムを押したそうです。

「お宅に庭にあるやつでの葉をいただけないでしょうか」
全く知らないお宅の玄関で、そうお願いされたそうです。
受験生に持たせてやりたい旨を伝えて、もらってきましたって。
「そうなんですか。うちにも来年受験する孫がいるので、持たせます」とおっしゃって快くくださったそうです。

センター試験の前日、ティッシュに包んだ小さいやつでの葉を、お守りとでもおっしゃったのでしょうか、お孫さんは服のポケットに入れておいたそうです。
「それのおかげか、試験のできが良かったそうです」

聞いていて、胸が熱くなりました。
優しい気持ちがどんなに人を助けるかということは、今まで何度か見てきましたので。
今回もこのお孫さんを思うおばあちゃんの心が、見えない力となって支えたことは確かでしょう。

多分、おばあちゃんだから、できたんだろうな~、村中歩いてやつでの葉をさがすなんてこと。
忙しい親世代だったらできなかったかも。
3世代、4世代同居のいいところだね。

常々、じいばあ世代と孫世代っていうのが何かと波長が合うんじゃないかと感じていました。
時間の流れ方も、親世代は忙しすぎて、子供にかかわる暇がないけど、じいばあはゆっくり子供と遊べる。
家でもご近所でも、じいばあ世代がいたら、子供にかかわって愛情も注ぎ、躾もできる。
経験値の豊富なじいばあ達は、少々のことではうろたえない。

目先の学力より、生活力が大切だと分かっている。
まことに経験豊かなじいばあになるってことは面白いし、ありがたいじゃないか。
孫無しばあのぱくちゃんも、30代40代のママ達に偉そうに蘊蓄をたれる。

そうやって日本の家庭は続いてきてたけど、戦後それがバッサリと分断され、じいばあの知恵が伝わらなくなった。
大きな損失だったね。
じいばあは、伝えるすべを忘れ、子供世代は聞く耳を持たない。
あ~、勿体ない、勿体ない。
私も、日々ご年配の方にかかわるから、それが分かるんであって、足揉みしてなかったら80代の知恵なんて知るはずもなかっただろう。

このおばあちゃん、
「私の娘も孫ができたら、こんな風にするんでしょうか。しないんじゃないかな~」
と40代の娘さんを心配される。
「今40代の娘さんがばあちゃんになるころには、あと20年以上ありますよ。
20年たっても変わらない人なんていないでしょう?
市村だって、40代の自分、タイムマシンがあったら、後ろから深い穴に落としてセメント流して、一生出てくるなー!って言いたいくらい恥ずかしいものでしたよ。人は変われるものですよ」

年をとるまでに積み上げた経験値だけは、いくら頑張っても若い人はかなわない。
私も、足揉みをするのは年上の方が多いので、毎日「へー、ほー、すごいなー」と経験を教えていただいてます。
感謝です。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 咳が出る~。 | トップ | 焼酎湿布で痛み取り。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL