中国足心道 足揉みぱくちゃん 「今日も元気だ!ご飯がうまい!」

「足揉みぱくちゃん」の療術師 市村良子の日々の出来事、暮らしを綴った日記です。

痛くて食べられへんの。

2017-04-05 23:39:32 | Weblog
3月10日のブログに書いた、45日間、食事をとらない97歳のおばあちゃん。

先日、60代のお嫁ちゃんが来られたので、その後どうなったか聞いてみたら、
「おばあちゃん、あさりの味噌汁やったら2杯も3杯もお代わりしてたから、持っていったら、飲んだんです。
それと、おろしリンゴも食べました。」と。

「先生が、首のギブスがとれたら、もっと食べられますよって」
「ギブスしてはったんですか。」
「そうなんです。で、甥が試しに首にギブスのようなものを巻いて食べてみたら、食べにくかったって」

首を骨折して、痛いわ、ギブスで動かれへんわで、まともに食べなさいってのが無理やったのね。
でも、お汁が飲めたんだったら、嚥下障害の心配はないですね。
水が一番、嚥下障害起こしやすいから、水が飲めるんなら何でも食べられるって書いてありました。

口から食べることができるのに、手間を省くためか、胃ろうになってる高齢者が結構おられるそうな。
このおばあちゃん、頭はしっかりされてるから、このまま食べられるようになったら、回復されるね。

痛みで食べられないって例が、最近ありまして。。。
療術師ちーちゃんが、年末に股関節を骨折しました。
「どないして、折れたん?」
「体重らしい。痩せたら大丈夫なんやて」
「圧迫骨折かいな」

とにかく、足揉みの出張はすべてキャンセルです~ってことで、しばらく会うことがなかったのですが、先日2か月ぶりくらいに復活して、久しぶりに見かけると、痩せてる。
「2,3キロってことはないね。5キロは痩せとるやろ?」
「そう、5キロ減った。なんとか大台を切りたかったけどね。とにかく、痛みがひどくて食べられへんかったん」

痛みって、すごいんだね。
あの、でっかいちーちゃんの食欲まで奪ってしまうんだから。
小太り、中太りの皆様、
まさかの時のために、おばあちゃんみたいに45日食べられなくても生き残れるように、あんまり痩せなくていいよ。(自分への慰めか?)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだ間に合うかな。 | トップ | 運転技術向上作戦。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL