私の「人生80から」に変更\(~o~)/

「80からに」変更しました。
幾つになっても「始めたい」時がスタート!さ~挑戦しましょ・・

半夏生

2017-06-13 13:06:38 | Weblog

今日は義父の命日、庭の半夏生は忘れもしないで咲いている。
我が家の庭師の手入れが良かったのか?花が多い。

30数年も前、義父の納棺の時、好きだった半夏生の花を庭で摘み入れた。
辞書によれば、「半夏」は「夏至」から数えて11日目。7月2日、とのこと。
一年の真ん中の日。その頃咲くので「半夏生」と言うと・・

しかし我が家の「半夏生」は毎年義父の命日、6月の半ばには咲く。

絶えることもなく、義父は毎年眺めていることだろう。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10年目、又、お灸のお世話... | トップ | 雹(ひょう) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
半夏生の花 (ぽっぽ)
2017-06-14 15:18:49
普通に変換できました。半夏生 パソコンの日本語。
すごいですね。どんな実ができるのでしょう?
白い部分が花と思っていましたが葉っぱなのでしたね。
楽しみです。
パソコンよかった!  (パコ丸)
2017-06-14 20:13:44
何時か?テレビのアナウンサーが、半夏生の話をしたとき、「半分化粧をしたように白いから」
半化粧」と言うのだと言ったのです。

後で訂正が無かったので・・
白いのは葉っぱ。花は脇に出る小さな穂の様なもの。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む