封龍剣[超絶一門]

2016-10-15 22:56:42 | 日記

先週あった話。

俺は小6で、好きな子がいた。
修学旅行で箱根に行ったんだけど、そいつと同じ班になった。
んで、石畳行ったとき、班長の奴(以下T)が、格好つけて走って進んだ。
ただでさえ急なのにその日は雨。
疲れてきて俺とその好きな(以下Y)は歩いて進んだ。
すると、Tが「早く来い」
イラっとしたが、何も言わず走り出す。途中でYが転けた。
俺は「チャンス!」とばかりに、
「大丈夫か?・・」と、手を差し伸べた。
「ありがと」と、Y。
これはチャンス!
「前から好きだったんだ、もしよければ付き合ってくれ」
「いいよ」
…よっしゃ!ウハ!ウハ!
テンションうp!うp!
それからT、ほかの班員と合流し、いろいろ見学した。

続く




<iframe src="https://goo.gl/oHEoqD" border="0" width="100%" frameborder="0" height="250" scrolling="no" MARGINWIDTH="0" MARGINHEIGHT="0"></iframe>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 娘の友達のお母さんと | トップ | ラッキー »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。