【近親相姦】薄い壁【体験談】

2017-04-21 16:47:40 | 日記

アパートの隣の部屋に大学生らしい女の子が越して来た。
華奢な身体に色白の肌、ショートヘアーで、顔は地味だが、妙に色気を感じる子。
外の通路で会って挨拶したが無視された。感じ悪いな。


隣の女の子は、ウブっぽい見かけの割にはやることは早かった。
ものの半月で男を連れ込むようになった。
彼氏をちらっと見たが、売れないバンドのミュージシャンか安いジゴロみたいな感じ。長髪猫背のガリ男。


夕方から深夜まで「アンアン」がうるさ過ぎ。男へのサービスで演技が過剰なんじゃないかw
壁が薄いから大音量。週に4日はやりやがる。休日は一日中。


単調で変なアクセントのアンアンを聞いていると気持ちが悪くなる。
ヘッドフォンをして語学の勉強に精を出す。
でも、寝る時には外すので、安眠妨害。



一方、俺の彼女は静かだw
お隣への報復に、うんと喘がせてやろうと頑張ってみた。
いつもにも増して身体中を攻め、手マンやクンニも彼女が驚くくらいたっぷりやってやった。
何回かイッたみたいだが、「くぅ、くふー・・・」と小さな息をもらして意識が途絶えるだけ。
果てしなく地味だw


俺も彼女も疲れ切って眠ったw
全く報復にならなかった。


翌日から、彼女が妙になつっこく甘えるようになった。
ぶっきらぼうだった彼女が優しくなってくれたのは、思わぬ副産物だ。


しかし相変わらず、隣人の騒音で、睡眠不足が蓄積して疲労困憊。
ベッドを反対側の壁に寄せたが、そんなもんじゃ足らない。


お隣の仲に水を差さんと無理かなぁと・・・



郵便物で実家を確かめ、親にタレコミのハガキを送ってやった。
一昨日、遠路長崎から両親が上京してきて、修羅場が始まった。
親父さんが怒鳴り、女がキャーピー泣きわめく。 


聞こえて来た話によると、即、引っ越しらしい。
親父さんが「地元に戻す!」とか怒鳴っていた。
そこまで状況がいってしまうとは。
いくらなんでも、隣の子が可哀想だと、今は後悔している。





みんなでわいわい!
究極交流掲示板



アフィリエイトで広告収入「スマプロ」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俺がギャルなデリヘル嬢を自... | トップ | 【近親相姦】飛葉大陸とエメ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL