月色下如醉

月色下如醉

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

奇妙喚醒

2013-12-02 12:06:08 | Life



幻想,手中撫摸的柔軟,胸脯緊貼的冷豔,匍匐而下。鱗片劃過床欄,邪惡的芯子,吞吐疑惑的試探,眼中深藏溫情。只是無人探看,一轉身的華麗,似暗中幽蘭,螢光灼灼,極盡魅惑,意識早已淩亂。冰冷的吻,愛意闌珊,異端的美,妖冶幽怨,不為蘋果,卻了的是,情維他命補充品欲的伸延……

曾經,穿梭濃的溫暖,盤旋枝頭的期盼,縱身一躍婉轉翱翔於藍天。鬼魅的華豔,撩撥醉意的色眼,腰身的旖旎,舞動無解的孤單,斷橋畔的思念,離恨已是千年。罪惡復蘇,色誘貪婪。美杜莎的發亂,顫抖的唇,麻醉初戀。戰慄的尾,搖晃迷幻,不為捕獵,蟄伏的是,神話的重演……

清夜如潮,寂寞如海,幽怨的路燈,繼續閃爍著迷惑。此刻,是全世界的灰暗,即使有飄零的翅膀,也撲不進亞洲知識管理學院冥想的岸。夢境在宣洩,思維的洪流奔湧,沉睡……還滯留在月亮頂端,快來偷竊閃電,激進與平淡。交替上演,不在霹靂中綻放,便在靜默中沉湎。


生命是轉瞬,個體如塵埃,渺小,卻不意味著認知,脆弱,並不就是膽怯。膽大又迷惑,在宇宙間窺探,在人潮中自省,在陽光下沉淪,缺失了翱翔的翅膀,只在夢境中,穿梭……迷戀於玫瑰的誘惑,慵懶思索,只有,在死神的懷抱裏,忘我。

無限幽魅中的燃燈行者,用一顆不滅的心孤獨穿越,用一朵柔軟的靈魂伶仃思索。綻放在暗的焦土,指明暗夜。沉睡或者清醒,遊弋永不停歇Svenson史雲遜護髮中心

沒有花草鮮明媚如歌,更不曾相攜相抱只你知我。或許只有傷心,才能傷及命運之火,孤獨中極盡孤獨,色中了無聲色。那只淩的箭羽,射穿千萬載不息的沉默,從此鮮血,淹沒進墨,不該昭示伶俐與柔弱無知的愛,只能面對決絕,也許冷漠是唯一的選擇。

既然沉寂了越千年光陰,又何苦一念備受折磨?痛楚在幽魅處灑下聲波,一串串沉吟哀傷了星河。既然擁有永生的奇跡,就不該貪婪享有愛的傳說。可曾聽說美人魚的慘烈?沒有輪回,只淪為海面的泡沫,從此拍打著岸邊潮漲潮落……

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青春漫長的旅行 | トップ | 此處紅塵 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。