水彩画を友として : 旧退職おじさんの水彩画日記

水彩画を始めてついに10年を越えました。今年も自然を相手のスケッチを楽しみます。

両国橋を望む F(4)

2008-06-25 | 水辺、海、船のある風景
今日はスケッチ教室です。雨は降らず時々薄日が差す程度の、いかにも梅雨らしい空の下で両国橋をスケッチしました。久しぶりにペンを使っての淡彩画です。
ちょっと消化不良気味の絵になりましたが、まあ、、こんなものでしょうか。
両国駅からここに来るまでの間は、さすが相撲の街です。「霧島」と「照国」という、いずれも後期高齢者予備軍でないと知りそうもない相撲取りの名前のちゃんこ鍋屋がありました。

ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小石川植物園 F(6)

2008-06-19 | 花のある風景
今日はクラブツーリズム主催の現地集合型スケッチ教室に参加してきました。三回連続のシリーズ物の二回目で場所は小石川植物園、講師は青木美和先生です。本来は旧東京医学校の建物を対象にしたかったそうですが、生憎と建物が工事中でシートで覆われているので、より難しい花菖蒲を描くということになったようです。ここの花菖蒲、今が盛りで大変きれいだったのですが、菖蒲池の周りをぐるっと生垣が囲んでいるので、座って描ける場所はごく限られてしまいます。結局は12時から2時半まずっと立って描く羽目になりました。疲れて帰りの電車の中では多分いびきをかいていたと思います。

絵の方は、菖蒲と奥の橋以外の脇役の部分に力を入れすぎるという同じ失敗を繰り返してしまいました。水彩画教室の先生にはいつも「見ないといけないもの(絵の主人公)だけを見ろ、見なくていいもの(絵の脇役)は見るな」といわれているので、ずいぶん意識していたのですがねぇ……

ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京成バラ園 F(6)

2008-06-16 | 花のある風景
今日の水彩画教室は京成バラ園で、バラを描くのは本年三回目です。いい加減にうまくなれと言いたいでしょうね。天気は快晴とは行かなかったけど晴れ。梅雨のこの時期にしては最高に恵まれていました。
ここはやや盛りは過ぎていたけど、まだまだ色とりどりのバラが見事でした。残念だったのは蔓バラのアーチに花があまり残っていなくてあきらめるしかなかったこと。代わりに庭園の真ん中にあった噴水にチャレンジしました。噴水は初めて描くのでどうなることやら不安だったのですが、まあまあというところでしょうか。因みに、マスキングは使いませんでした。
次は木曜日に青木美和先生のスケッチ教室で小石川植物園です。

ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花菖蒲 ひめはるの里にて F(6)

2008-06-13 | 花のある風景
今日はスケッチ仲間と茂原市にある「ひめはるの里」に行きました。今は花菖蒲と紫陽花が花盛り。梅雨の合間の快晴で、日向で描いたので真っ赤に日焼けしてしまいました。今年は千倉の花畑から始まって、バラにつつじに菖蒲にと、花を遠景で描く機会に恵まれました。来週は京成バラ園と小石川植物園なので、またまた花の絵になります。これだけ描くとやや食傷気味ですね。

ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

柳橋の船宿 F(4)

2008-06-11 | 水辺、海、船のある風景
かつて柳橋は料亭があって芸者の置屋があって……小生にはおよそ縁のない町だったのですが、今では古いものといえば神田川沿いの船宿ぐらい。
月島にしろ舟橋の海老川にしろ、都会の川の船溜まりは厄介なもので、未だに満足の行く絵は描けていません。これもせいぜい60点ぐらい。古臭さを念頭において描いていると、どうしても色味が汚くなってしまうのです。多分、ペンを使っての淡彩画にした方がきれいな仕上がりのなるのでしょう。次回(再来週)はこの絵の近くにある両国橋。少なくとも一枚は淡彩画で行ってみます。

ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海鵜(?) マスキングの練習です。 F(3)

2008-06-08 | 水辺、海、船のある風景
たまたまブログの友人が載せた写真が実にマスキング向きで、一応断わって練習をさせてもらいました。例によって水面から飛び出している葦には何とか使えましたが、水面に使うのはとても難しくて、もっと細い筆と、もっと時間と、もっと慎重な性格が必要なようです。この鳥は海鵜だと思いますがわかりません。

ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

谷津バラ園 (F6)

2008-06-02 | 花のある風景
今日は水彩画教室の仲間7名で私的スケッチ会です。場所は谷津バラ園。実は16日に水彩画教室で「京成バラ園」にスケッチに行くので、その練習会なのです。
谷津バラ園はやや小ぶりのバラ園で、一週間ぐらい盛りを過ぎていた感じですが、それでも色とりどりのバラが咲き誇っていました。
天気予報では晴れ間が出るはずだったのに、結局はずっと曇り。晴れていたらバラの色もずっと鮮やかだったでしょうが、ちょっと残念でした。

ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

風布川 マスキングの練習版 (F6)

2008-06-01 | 水辺、海、船のある風景
風布川の絵をマスキングを使う練習を兼ねて書き直しました。前の絵と多少角度が違うし、木の幹や岩の形、配置までが違っていたりしますが、写真を使ったせいと現場で描いた時のいい加減さと、そのほか諸々の理由で、まあ、ご愛嬌です。
マスキング、手前の草むらなどは結構うまく使えた気がしますが、せせらぎはどうも目的を達せずに終わりました。今後も時々は使ってみるつもりですが、面白いけど難しいですね。
ついでに、前の絵は遠近感が乏しかったのですが、その点では今回の方がまだましでしょう。


ランキングに参加しました。よかったらクリックしてください。日記@BlogRanking
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加