PIECE OF MY SOUL…

趣味のDTMやゲーム等の事柄を何となく書いてみるブログです。

YAMAHA YZF-R3ヘッドライトHID化取り付け編

2017年10月11日 20時57分44秒 | 車・バイク
はい、みなさんこんばんは^^

10月になりました。
ずいぶん涼しくなりましたね。
とはいいつつ、ここ数日は真夏日が戻ってきているのですけれどもね><

涼しくてツーリングには持って来いの天気が続いていたのですが、
今日、そして明日以降ずっと曇りです。
あー・・・。


ま、良いや、そんな事は。

今回は写真が沢山ありますので、早目に本題に入ります。
前回言っていたR3のヘッドライトHID化の後編となる取り付けです。

ではいってみよ!^^v

とはいっても、取り付けてから半年くらい経っていて記憶が曖昧・・・。
その辺はご了承くだされ。


手順一ですが、
まずカウルを一部外します。
内側の黒い部分のカウルですね。

そうそう、カウルは写真みたいに地べたに置かないようにね!傷付くよ!
一応そっと置きはしてるんだけど・・・。



この写真でどこのカウルかわかるかな。



次、元々ついていたバルブをとる手順で防水カバーを外します。
そしてバルブから端子を引き抜きます。
HIDキットを取り付けるにあたりこの端子のどちらがプラスがマイナスかを調べ、
間違いなく取り付ける必要があります。



それを調べる道具はこの検電器^^
エーモンから安く出てます。
アースを車体フレーム等についてるボルトから取り、検電器を端子にさす。
プラスに指したら検電器からピー!とブザーが鳴ります。
これでプラスがわかります。じゃ、逆側がマイナスですね^^v
検電器を外した後も間違わないようにどちらかにテープを巻いたりして印を付けときましょう。





それが分かればあとは取り付けるだけ!
ピンを倒して外して・・・バルブを取り出します。
一応失敗した時用に保管しておいた方が良いですよ(笑)
あとは売却時に純正に戻す時用とか。

※自分はHIDキットを装備したまま売却しましたけどね><;





では、早速前日に下準備してあるコイツを付けますよ。



それで、この手の作業で油断というかスキップしがちな作業、それが「試運転」。
これ飛ばして組み込んでから動作確認してしまうと・・・、点かないとまた取り外しの作業があり面倒です。

組み込まず配線だけ繋げてプランプランの状態で点灯式をやっておきます。
下の写真はその状態。

さーて、点くかな??



よし、点いた><v
良い色してるじゃないか。
青は個人的に大好きだ。

ここまで行ったらあとは取り付けるだけーって事になります。



・・・で、
なにぶん半年前の作業なので・・・。
この写真何ぞや?と思って考えてたら・・・。

あ、そうだ!



ギボシ端子が皮被りの包茎状態だったので手術を施しました。
一皮向けたね!これでお前も立派な大人だ!



あとは元に戻すだけですよ^^v



点灯する事は確認できているので、今度は車体に取り付けた状態で点灯式。
ひゅー、イかした色ですv><v

バラストがびろーん。



左右違うけど良いのです。
実は後から光の色揃えようと思ったのですが、志半ばで手放す事に。
泣けるぜ・・・。

青がロービームです。
因みに普段は片目だけ点灯。おでこの所がポジションランプかな。
もうすっかり忘れ気味だ。

この片目のせいでよく「片方バルブ切れてるよ!」って言われたもんだ(笑)
いちいち説明するのが面倒でした。

今のGSX-R750は単眼ですからね。
・・・でも、R750ゴメンヨ、俺は二つ目の方が好きだわ。
単純にカッコいいから。

昔のGSX-Rは左右にライトが点いてたようだし、一時期三つ目の時期もあったのかな??
少し分からないが・・・。



今は人の手に渡った旧家での3ショット。
これがラストショットだ。



さて、でもまだ終わりじゃないですぞ。

HIDキットはバラストという部品を車体のどこへ付けるか?というのも悩む所です。
まず濡れてはいけませんのでカウルの内側へ隠すしかないですね。
まぁ、そういう意味ではフルカウルバイクはバラストが取り付けやすいかな??

ここに付けます。
手を突っ込んでますけど、このサイドカウルの内側。

取り付けは両面テープでカウルの裏側に直接貼り付けます。
メーカー推奨なのは結束バンドで車体へ取り付けろ、
両面テープはお勧めしない、何故なら貼り付け面の排熱が問題となる、なんですが、
自分は両面で取り付けました。

特に不良はなかったですよ。
それに結束バンドでの取り付けは走行中の振動が重なるとずれたり外れてぶら下がったりしたら危険です。
強力な両面テープで貼り付けた方が良いです。



それで余った配線はきれいに束ねましょう。
ブランブランさせてるのはあまり良くないですね。
配線が引っ張られたりして断線や接触不良などが起きる原因となりますので、
なるだけ固定させましょう。



バラストの位置が決まりましたら、貼り付け位置をよく拭いて脱脂して両面テープの貼り付けをより強力にしましょう。
そしてカウルの内側と外側からグーッと押さえましょう。

自分はいつも一分位押さえっぱなしにしてます。



では最後に外したカウルを戻しますね。
これにて作業は終わりとなります^^v

それでは本番は・・・。






夜の点灯式だ!



うーむ、非常に明るい。十分過ぎる明るさです^^v
これは普通のバルブには戻れないですね。

この通り。



まぁ、こういう場合ビフォーアフターの写真を用意すべきなんですが、
今回もビフォーはなしで><;
でも確実に明るいですから。


はい、といわけで今回でR3のカスタムは終了となります。
何度かブログで書いてきましたがYZF-R3は既に売却済みです。
今でもきっとどこかで軽快に走っている事でしょう・・・・、たぶんね。


バックステップ装着してもうちょっとスパルタンな乗り心地にしようと思っていたのですが、
バックステップ高いですからねー><
そこまで行かずに終了となりました。


今のGSXは既にスパルタンな感じですが、これももうちょっと上に上げたいんですよね。
GSXではバックステップ入れたいですな。


R3はマフラー交換、セパハン交換、オフセットプレート交換、HID化・・・あとはグリップ交換やバーエンド交換、
エアクリーナー社外品へ交換・・・くらいかな。
フルエキにするつもりはなかったので、あとはバックステップネタくらいだったかなぁ。
うーん・・・・、うん、まあ自分なりに弄った方かなと。
ガチガチに弄り回して普段乗りが乗り辛くなるようでは元も子もないし、用途は完全に通勤用だったから
そう思えはこれくらい止まりがちょうど良かったのかも?^^


何度でも言おう、良いバイクでした。
YAMAHAはこのバイクをずっと販売していてほしいです。

また、自分が乗るその時まで^^v
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お引越しのお話 荷物運搬編

2017年09月15日 22時29分20秒 | 日記
はい、皆さんこんばんは^^

寒いです、今><
エアコンは当然オフ。
それでも室温は24.5度。
今エアコンのスイッチ入れても送風にしかなりませんな。


・・・。・・・・・・・・。


今、写真を取り込むためにPCにスマホを繋げたのですが、
滅茶苦茶時間かかるんですけど><

もういいや、その間に文章でも打ち込もう。

あ、終わった。
PC遅っ!

最近ですね、PCがトラブル続きの為に買い替えようかと思っているんですよ><;
今もこうして文章を打っていますが、1文章を打つたびにスペースボタンで変換するじゃないですか。
変換するまでに毎回数秒待たされるんですよ。
これ無線キーボードに問題があるのかなぁ?それともPCに問題があるのか・・・。
とにかくキー入力に時間がかかるなんて言語道断。
買い替えですな、これは。


画像は志賀島ツーリングの時の写真。




で、今回は引っ越しの話の続編です。

部屋は決まり勿論バイクもお供出来るようになりました。
今考えればR3も連れていけたかもしれませんが、どっちにしろフルサイズ二台は良いかぁ・・・。

荷物の配送ですが、業者へ頼めば良いものを、
全て自家用車で運ぶ事を選択いたしました。
これが地獄を見る事になるとはその時は知る由もなく・・・。


要らないものは旧家にいる時にストックヤードへ持ち運び処分してもらいました。
それも一日に最高三回往復くらいした日ががあったなぁ><;
主に要らない棚や机などを捨てました。
車はMSアクセラなんですが、ホントお疲れ!って感じです。
本当に何往復もしてくれてありがとう、と。
クソ重くてシャコタン状態になり輪留めにバンパーこすったりして申し訳ない><;
頑張ってくれて色々ボロが出てないか心配です。

今度車検の時にヘタった所をケアしてもらいましょう。
※車検は来年の2月。

こういう時はハイエースのようなバンがあればなぁ、と思った次第です。
今ならバイクをトランポする用途でも使えますからね。
正直ありかなぁなんて思ったりもします。

まぁ、そんなしょっちゅう荷物を大量に乗せる事がないですけれどね。
いや、むしろもう御免ですわ、こんな作業。



CDの量が多くって多分1000枚以上ありました。
これは実家から出てくる時も持って行ったんですよね><
当時はよくやったなぁと思います。

あれって箱に詰めたらものすごい重量なんですよね。
箱の数が増えるのが嫌で、会社から不要の段ボールを持って帰って入れたのですが、
大きすぎましたな><
捨てるものだしタダで利用しているわけだから、サイズなんて選べませんしね。


で、休日の度に運ぶ、というのはしていません。
休日の日も運びましたが、職場から近い所にアパートはあるので、
会社へ出勤する時に運んで帰りにアパートに寄り荷物を置く、そして帰る、
というのをひたすら繰り返していました。

いやー、大変ですよ、仕事の後にまた仕事しているようなもんですから。
6月はほぼほぼ毎日です。
疲労困憊でしたね・・・。今でも思い出したくないです。
しかも、荷物を運んで旧家に戻った後は飯を食べ、その後はまた梱包作業ですから。
それを夜中までやって風呂入って寝る、っていう。

今の年齢だからやれたんだろうなぁ><

運んだものは衣類以外は趣味物ばかり。
バイク用品、ゲーム機とか、ギター関係、CD、DVD、本ですか。
あとは電子レンジ、オーブンレンジ、扇風機、テレビ、あぁ、そうだ、このPCですね。
本棚やCD棚は分解出来るものは分解して運びました。

大型家電の洗濯機は会社の車を借りました。
前述した棚の内分解できないものはこれも会社の車に乗せました。
会社の車は日産のキャラバンですが、めちゃ便利だな!と思いました^^


処分したものは、
不要な棚、アコギ一本、ベース一本、MTR(録音機)、液晶テレビ、ホームシアターシステム、
冷蔵庫、あと電気工具を随分処分しましたね。
電気ドリル、電ノコ、インパクトレンチとか、アパートでは不要だな、と。
これら全部売り払って4万ちょいだったかな・・・。
このお金でアパートで使うガスコンロを買いましたよv><v


丁度6月の梅雨時に運搬作業をしましたが、
これは神が見方をしたのか、運搬中は殆ど雨に降られる事もなく。
これだけは本当にツいていましたね。




教訓としましては、
引っ越す時が大変だから荷物を増やし過ぎない事ですかねぇ。
持っていたらいつか使うだろう、というものは案外使わないもので、
捨てるか処分した方がこういう時が楽ですね。

当たり前のことですが(笑)

今使わないものは一旦捨てて、必要な時にまた買い戻せば良いですからね^^v
案外買い戻す事もないでしょうけどね、一度手放したものは。

こちらに引っ越してきて置いてきた、処分したものでやっぱりいる!と買い戻したものは
掃除機だけですな。
フローリングの部屋しかないからクイックルワイパーだけでやってやると思っていたが、
やっぱり掃除機がないと掃除が捗らなかった・・・。


では次回から本筋に戻しましょうかねー。
引っ越しは苦痛だったのであまり思い出したくもないので(笑)

例のR3のHIDの施工写真をスマホの中に発見したのであれの続きを行きましょう^^v
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お引越しのお話とGSX-R750でダムへ行く話

2017年09月13日 21時54分19秒 | 日記
はい、みなさんこんばんは^^



随分秋らしい気候になってまいりました。
今年の夏・・・5月~8月もバイクは乗っていましたが、
特に6月と7月は引っ越しが忙しくて乗っていませんでしたね。

今年の梅雨はあまり雨量がなかったように思えますが、
九州の方はご存知でしょうが梅雨による土砂崩れ等の災害も起きています。
福岡県も朝倉だったか、被害を受け、ダメージが残っている状況です。
一時的にブワッ!と降った記憶はありました。


そんな事で最近の写真も交えながら近況を。
因みに写真は先日休日にフラリと走った時の写真です。



福岡県の力丸ダムにて撮影^^





戻る時に何故か二匹鶏が道路わきを歩いていて思わず振り返ってしまった・・・。
なんやったんや・・・あれは・・・。


さてR3のHIDは写真が出てくるまで後回しにするとしまして、
4月末のお話、丁度そのHIDの事を書いた直後の話です。

引っ越すことになりまして><;
期限があって夏の終わり・・・今頃でしょうかね、
遅くともここまでには退去する必要がありました。

それでアパートへ引っ越す事にしたのですね。
賃貸料もありますが、まず条件から選ばなくては、と。

①会社から近い事。
②バイクが置ける事。
③木造アパートはお財布が許せば避けたい。
④戸建てに住んでいたので荷物が多めなので1Rはダメかな、など。

①は前住んでた家は会社から距離があり通勤時間がかなりかかっていました。
仕事も忙しくなり、帰宅時間がしんどくなってきまして。

②は当たり前ですな^^
この条件はじかれたらその物件はパスですし、はじかれない物件までひたすら探す、と。

③はネット情報で木造は住むな、と誰もが書いていたので避けれるのなら、と。
どうしようもなかったら住みますが。
騒音問題が耐えられなくなるのだそうです><

④はしゃーない。10年間も戸建てに住んでたら物も溜まります。
処分すれば?とは思いますが、そう簡単には捨てられない。
捨てるのは簡単ですが、後悔してももう取り戻せないですからね。
多趣味な方なのでどう考えても1Rじゃ収まらんです。


で、ネットで色々探していたところ、会社まで10分から15分、
年を取った両親が住む実家が近所。
部屋も二部屋あり、木造とあまり変わらないようですが軽量鉄骨の賃貸を発見。
これが気になり不動産に電話をしてアパートを見に行ったわけですね^^

第一印象、綺麗でした。
築年数も浅く洒落ていました。
まぁ、後から調べると見た目はお洒落だが、実はちゃちいで有名みたいですが・・・><
個人的にはバイク用品など荷物が多い為、収納スペースが広めなところが良かったのですが、
ウォークインクローゼットもありこれは良いかも、と。
家賃は部屋の数や広さからしたら、こんなもんなんだろう、と割り切りました。

ありがたいのが駐車場二台まで無料なんですよね^^v
これは嬉しい限り。
他の物件は駐車場代は別料金を取られますので、
それを家賃から二台分の駐車場料金(仮に3000円としたら二台分で6000円)を
差し引いたなら結構リーズナブルじゃね?と思います。

※まぁ車二台も所有していませんが><;
なので一台分空いてます。
会社の同僚を招待した時は空いた所に停めさせてます。

で、大事なところ、そう、バイクの管理です。

駐輪場は一応敷地内にあるんですよ。
けれども完全に大型バイクは置けません><;
その時も子供用の小さな三輪車が停まっており、
屋根の長さがママチャリでもはみ出して濡れるような小さな駐輪場でした。

「あのー、大型バイク持ってるんですけどここに置いていいんです?」
と聞くと、不動産屋は
「あー、ここはダメだね、この駐輪場は原付までだねぇ」

「あら、じゃ、たしか駐車場二台分ありましたよね?その片方にバイクは可能?」
と聞くと、不動産屋は
「うーん、あれはあくまで車用だからバイクは勘弁願いたい」
聞くとバイクが倒れたりして隣の車に当たったりした時ややこしくなるから
原則車の駐車場にバイクを駐車させる事は禁止しているそうな。

「えーと・・・、そうなると・・・どこか敷地内に置けませんか?」
と聞くと、不動産屋は
「よし、じゃ管理会社に問い合わせてみます」
と携帯取り出して電話してくれていました。

・・・5分後くらいに、不動産屋は
「管理会社から許可出ました。部屋の前の壁際に邪魔にならないよう置くなら良いんですって」
やったー!!^^v

で、部屋の内容には満足いっていたので、バイクの許可が出ればもう時間はかからない。
不動産屋に戻った後に
「・・・で、どうします?決めちゃいます?」と不動産屋がいうので
「はい、決めました」でサインして新しい住処決定ー、となったわけです^^

決定してから部屋受け渡しの期間まではひたすら家で荷造り><;
これがしんどかった。仕事が終わって帰宅後は夜中までずっと荷造りでしたよ。
なんせ退去期間があるので焦りながら荷造りです。
正直要らないもの要るもの分け隔てなくアパートに持ってきた気がします。

うーん、うーんと悩んでいる時間はなかったですからね><

そして5月下旬にアパートの鍵をゲット!^^v
部屋の鍵さえもらえばひたすら移動のみ!というわけでそれまでに荷造りした物を運ぶわけですが・・・


というところで続きはまた次回にしますか^^;
やー、もう引っ越しは懲り懲り、次運ぶ時は絶対業者に頼むわ・・・。

次回は引っ越し運搬編かな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰しております><

2017年09月01日 14時10分47秒 | 日記
はい、皆さんこんばん・・・いや、今は昼ですね。
こんにちは^^

本日は9月1日です。
子供達の夏休みも終わり親御さん達はホッとしていたりして。
今日もとても過ごしやすい天候でしてね。
日中の気温も30度止まりくらいじゃないですかね。

季節の移り変わりをひしひしと感じております・・・はい・・・。


って、夏が終わりですと?
前回のブログは春だったじゃないか、と。
・・・調べた結果・・・前回は4月17日でしたっけ。
R3にHIDキットを取り付けるというお話でしたな!

いや、その後は??


えーと、とりあえず前回から今日までの事を箇条書きにて。

◎4月末日より諸事情によりお引越し。

◎お引越しに伴いフルサイズのバイク二台持ちが場所的に不可っぽくR3を手放す。

◎5月から7月中旬辺りまでずーっとお引越し作業でバタバタ。

◎ついでに仕事もプライベートと比例するかのように忙しくなる。

◎インターネット環境が8月上旬まで整わずPCがただの箱状態に。

といった所です。

ブログ自体はスマホでもアップする事は出来るのですが、
写真を盛り込む事を考慮すると勝手が悪いのです><;


そうなんです!今手元にYZF-R3はないのですよ( ノД`)シクシク…
良いバイクだったんですがGSX∸Rと天秤かけちゃうとどうしてもそっち手放しますわな。

それについてはまた次回にでも書きますかね。
けれど、これだけは言える、R3また乗りたいバイクですわ。
滅茶苦茶に良いバイクでした。

あと、HIDキットのお話は続きの記事は書こうと思います^^v
結果から言うと無事取り付ける事が出来ました。

・・・その時の写真が残っていればよいのですがね・・・。

とりあえず今回は短いですがこんな所で。

今後とも宜しくお願い致します!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

YAMAHA YZF-R3 HIDキットを取り付ける。下準備編

2017年04月17日 23時46分12秒 | 車・バイク
はい、皆さんこんばんは^^

桜は一気に葉桜になり、
去年は春を探しにツーリングをしてたんですけど、
その間もなく桜は行ってしまいました( ノД`)シクシク…

まぁ、全く撮れてないわけではありませんけれども。

去年ほど休日に熱心に春探しに行きませんでしたねぇ。
いや、今年の4月は雨天多過ぎ!
今日も雨ですよ。
多分半分くらいは雨なんじゃないかなぁ。
心なしか最近は車の出番が多い気がします><;

ん?><;←ではないですな。
これはアクセラに失礼です。


さてさて、それはさておき。
もう夜も更けきっているのでサクッと行っちゃいましょう。

以前R3のヘッドライト交換の様子はブログにアップしました。
今はRAYBRIGの車用のヘッドライトを付けています。
今はじゃないか、現在は既にHID化の施工は終わっているので以前はになります。

これはこれで明るいバルブだったのですが、
HIDの方が明るい事はアクセラのHID化で経験済み。
これもHID化しようと思い立ったわけです。

これからどんどん日が長くなるっていうのに、
どうせなら冬季に換えれば良かったのに・・・><;
失敗しましたねぇ。
まぁもうしゃーないです。時の流れは止められないです。


今はHIDの次のLEDヘッドライトというのもあるそうですが、
商品を検索しましてもどうもパッとしたものがないのです。
amazonのレビューも今一つ・・・><
LEDのヘッドライトはまだまだ未知数なのかしら?
どうせならLEDと思っていましたが、結果的に今より明るくなれば拘らないので
とりあえず最近値段が下落気味?なHIDキットを選択しました。


で、ですね。
R3に自分が買ったHIDキットを付ける際、
純正の防水カバーに配線を通す穴を加工してあげなくてはならず、
完全ポン付けとはいきません。
んー、そうでなくっちゃ面白くないですわ。

で、あれこれ検索するとカバーに配線を通す直径22㎜程の円状の穴を開ければ良いとあったので、
早速加工する事に!

とりあえず下準備は家内でも出来るので夜でも関係なくやっちゃいます^^v
うー、ドリルがうなるぜぇー

この写真は首を傾けてみてください><
用意するのは下が加工する純正のカバー、ドリルビット、ドリルテーパーリーマー、ノギス。



こいつが今回の主役のリーマーちゃんです。
昔から穴を拡張するのが好きな私・・・←意味深



少々写真が見難いですが、写真はHIDキット内に入っていた配線。
そこに防水のゴム・・・グロメットって言いますね。
パソコンの側面とかにもついてたりするあれです。

これを純正のカバーに穴を開けて付けるという、それだけの作業です。



ここでデジタルノギスの登場。
ネットでは22㎜だったり24㎜あった方が良い、だったり情報がまちまち。
とりあえず22㎜でフィッティングしてみてグロメットが変形し防水効果が無くなるようなら
新たに穴を拡張する、という方向でいく事に。



でも、先に表示した写真を見てわかる通り、手持ちのリーマーでは22㎜までしか開けられないのです。
だから24㎜必要な時は新たに拡張できるリーマーを買う必要があります。
で、それを見越してこの時点でamazonにてリーマーセットをポチる><;



はい、ではいきましょ。

カバーど真ん中をぶち抜くので目印を付けます。
カバーにフィンみたいなのが付いてるからセンターは出しやすいです。
赤マジックで線を引く。



次にポンチで下穴開けてドリルが入りやすくします。
使用しているのはオートポンチ。
押し込むとガチン!と音がして小さな穴のような傷が付きます。



まずポンチの小さな穴に合うサイズのドリルビットを選び穴あけ。
いきなり太いの行っても良いのですがね。
手堅くいきます。



次、それよりも太めのビットに換えて貫通。



テーパーリーマードリルビットに交換して試し開け。



テーパーリーマードリルビットにて目的の寸法まで拡張します。
このビットの最大可能寸法が先にも述べた通り22㎜なので根元までねじ込みます。



出来ました^^v
簡単にきれいに加工できました。
やっぱ工具や道具は偉大だなぁ。

あとはここにグロメットがキチッと合うかどうかを確認して合えば、屋外作業へ移れますよ^^v



って、なんぞ!?
この穴のサイズじゃ端子部分が通らない・・・><;
う・・・ぐ・・・、なんてこったい。

見ての通り、こんなザマだぜ。



知恵の輪をしばらく続けていましたが・・・これでは100%通りません。
ここでこれを解決する方法が二つ。

一つ目!配線を切ってからグロメットをカバーに取り付け、その後グロメットに配線を通す。

二つ目!至ってシンプル、監視部分が通る直径まで穴を拡張する。

後者はテーパーリーマードリルビットさえあれば超簡単です。
ただ、拡張し過ぎてしまうとグロメットがガバガバになり防水効果がなくなってしまうかも・・・。
それに何よりamazonに先程頼んだばかりでいつ届くかわからない・・・。

・・・とりあえず電工工具を探してみたら、ギボシ端子セットみたいなものも一応あったので
あまり配線切ったりしたくないのだけれど、当日中にやると決めたからには・・・!


えいっ。(ジョキ)
もう戻れぬわ。



この先っちょの端子部分を切断すれば一旦グロメットから端子を抜き取ります。
このグロメットに開いている小さな穴。
流石にここに先程切断した端子は通らないでしょう?
まぁ無理矢理引っ張れば取れなくなさそうですが、
グロメットを損傷してしまっては防水もクソもなく本末転倒。



んで、配線を戻します。
グロメットのフィッティングですがこれが超タイトです!ピッタシといった感じでして。
あの時穴を拡張しなくて良かったーとこの時はガッツポーズでしたね。



そして先程切断した端子部分を新たにギボシを付けときます。

こんな感じですね。

しかしこの電工ペンチはエーモンっていうまぁ結構有名なメーカーだと思いますが、
あまり質は良くないペンチだなぁ。
今度セット品じゃないやつを単体で買っておこうかな。



はい、というわけで完成ですね^^v



と、ここまでが下準備となります。

あとはこれをバイクに取り付けるだけです。
それとバラストのポジションをどこが最適か今のうちに検索しておくこと。

というわけで次回は取り付けやっていきますー^^v
コメント
この記事をはてなブックマークに追加