岡崎慎司応援ブログ

岡崎慎司のファンによるブログ。主に岡崎のことやレスターシティを中心に、サッカーについての自分の意見や考えを投稿します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大きなことを変えるためにはまずは小さなことから。vsスウォンジーシティ

2017-02-13 11:59:02 | サッカー
いよいよ降格圏ギリギリになり、さすがにこれはひとこと言っておかなければならない。ここで僕がこれを書くのはこれによって何かが変わればと願っているからだ。実際にラニエリはやり方を変えないかもしれないし、この文章が現実問題として影響を与えるとは思っていない。しかし、まずは僕自身のこととして、流れを変えたい。投稿を再び始めるということは僕にとって何かが変わることなのだと思う。それを考えて書いてみた。


ラニエリはただインパクトを求めている。ラニエリが今やろうとしていることは大きなインパクトを与えるために、ただダイナマイトを用いるだけで解決させようとしているということだ。世界はそう単純じゃない。あらゆる方向の抵抗がこの世界には流れていて、それを吟味した上で対策を講じなければならない。その解決策が仮にどれだけインパクトとは遠い存在であるように見えても、今必要なことはインパクトを与えることではなくて、最終的な結果をもたらすための最適な手段である。壁は何も破壊力だけで壊すものではない。壁を壊すにも様々な方法がある。その中で最適な方法を探すことが重要である。時間の流れが絶対でないのと同じように、ダイナマイトが必ずしも(どういった状況、場合であっても)壁の破壊に最適とは限らない。

サッカーは選手を変えればどうにかなるということではない。重要なのはイメージを変えること。だからこそ、優れた監督であれば、攻撃に関して、形式ではなく、概念で語る。

今のレスターに言えることはこれだけだ。それくらいにどうしようもない状況にある。

ラニエリ自身は多少の変化を加え、流れが変わると思っている。(これがダイナマイトを用いるということになっている)
しかしながら重要なのはこの激風が吹き続ける極寒の土地でそもそもダイナマイトが導線の火を受けて着火するのかということだ。状況に合わせること、状況の中で最適な方法を選択すること(それが仮にダイナマイトとは程遠いものであっても、もしくはダイナマイトに着火させることに重きをおくのか、ラニエリはダイナマイトを交換しているだけ)それをもたらす策をしなければいけないのではないだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最高の日になったからこそ、... | トップ | 少なくとも何かを信じること... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。