めざめていても夢はみる

ぼくはいつまでもさまよいつづける、
夜が明けても醒めない夢のなかを…

山に宇宙人。海にぼく。

2017-06-16 10:52:27 | ちょっとしたおはなし
昨日、無事打ち上げられたはずの人工衛星が、加波山神社付近に墜落する。
人工衛星のなかから、宇宙人が出てきて、深く息を吸い込む。


午前4時半過ぎ、ぼくは那珂湊からアジ漁に出る。
黒く穏やかな海を、漁船は辷りゆく。
「今日はついてるぜ」
漁師は云い、たばこに火をつける。どうやら大漁を予感しているらしい。


宇宙人はいちばん最初に眼についた不動産に入り、いちばん最初に見せられた物件を買う。
加波山の麓に広がるたばこ畑をのぞむ、別荘地のなかのひとつを。




ぼくは船べりにもたれて海を見ながら、会いたい人のことを思っていた。



『イラスト』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 逃走 | トップ | 身のほど »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。