豆本三昧我褸芥(がるぁくた)ノート 及び 美人画あれこれ

日本の名作文芸と東西の名画の自作豆本の内容紹介のほか、その資料として集めている東西の美人画をいろいろ紹介しています。 

湯上り美女

2016年08月31日 | 今日の美女

清楚、艶麗さまざまあり。

   竹久夢二                          名取春仙                       平野白峰
    

   島 成園                          山中古洞                       小早川 清  
    

   中山秋湖                          渡辺幾春                      大平華泉
    

   恩地孝四郎                         岩田専太郎                     鳥居言人
    

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湯上り 伊東深水

2016年08月30日 | 今日の美女
 明治以降の作品でも風呂上がりの女性を描いたものは多いが、その代表は深水であろう。

    


    

  爪も切ったし・・・・
    

 左端は「湯の香」と言う作品、野天風呂か。 
    

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湯上り

2016年08月29日 | 今日の美女
◎ 湯上りしたらまず爪でも切って・・・・
   鳥居清長                           磯田湖龍斎                     鳥高斎栄昌                     
      

◎ 蚊遣りを焚いて、夕涼み・・・
   喜多川歌麿                          喜多川月麻呂 
  

◎ 「ねえ、お前さん・・・・」「またかよ、せっかく湯で汗流したのに・・・・」
     渓斎英泉


◎ ・・・てな訳で、また大汗かくことに・・・・
     渓斎英泉



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Tea time

2016年08月28日 | 今日の美女


  

    

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風呂上がり 喜多川歌麿

2016年08月27日 | 今日の美女
 歌麿はさすがに多い。
 まずは入るところから・・・

    


    

                                                             隣のと浴衣が違う
    

                                                             歌麿作となっているのだが 疑わしい。
    

       参考作品・鳥高斎栄昌            一楽亭栄水                        歌川国貞             
          

    特別付録  浴後・男女対抗レスリング「逆グレコローマンスタイル」


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風呂上がり

2016年08月26日 | 今日の美女
 近世から近代にかけての女性の入浴図では、素っ裸の入浴中のものより湯上りの着物を纏ってくつろぐ姿の絵が圧倒的に多い。

     歌川豊国 入浴前と後と。


     鳥居清長


   奥村政信                  西川佑信                    鈴木晴信
    

   鳥居清満                        石川豊信                   石川豊信
    

   万月堂                     菊川英山                            歌川豊国
    

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女湯風景 2

2016年08月25日 | 今日の美女

 所謂 内風呂があるのは裕福な商人とか遊郭のような特別な場所に限られていたようである。

     歌川豊国


   鳥居清満                      鳥居清長                          鳥居清長
    

◎ 左の絵は春本の挿絵を復刻したもの。作者の名は女性器をもじった変ネーム。
                                 歌川国貞  
  

◎ 暑い時期には行水が風呂代わりに愛用された。
   鳥居清満                          小村雪岱
  

   玉川舟調                          歌川豊国                          鳥居清広
    


※ これも「入浴(欲)中」
    歌川国貞



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女湯風景

2016年08月24日 | 今日の美女

 女風呂覗きに行くとしよう。
 ただし当ブログは、あくまでも芸術鑑賞、美術感覚の研磨研鑽を第一義とするので、出歯亀、ピーピング・トム的劣情人間の参加は固くお断りする。

     歌川芳藤


     歌川国貞


     豊原国周


     豊原国周


     歌川芳幾


     磯田湖龍斎


     磯田湖龍斎


     月岡芳年


     揚州周延 既出


◎ ところで、お好みの美人はおりましたかな。

  なに、顔なんか見てないって ? 

  あんたの参加は取り消し・・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

John William Wright  The Heroines of Shakespeare   Comedy 2

2016年08月23日 | 今日の美女
   Viola                          Olivia                         Maria   
    

   Mrs.Ford                        Mrs.Page                        Anne Page
    

   Isabella                        Mariana                        Imogen
    

   Perdita                         Mopsa                          Miranda  
    

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

John William Wright  The Heroines of Shakespeare  Comedy 1

2016年08月22日 | 今日の美女

   Katherine                         Bianca                        Silvia                      
    

   Julia                           Princss of France                 Titania
    

   Poltia                          Jessica                       Beatrice
    

   Hero                           Margaret                        Celia     
    

   Rosalind                         Audrey                         Helen
    


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Coffee time

2016年08月21日 | 今日の美女

  


    


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

John William Wright  The Heroines of Shakespeare    

2016年08月20日 | 今日の美女

 シェイクスピアの「史劇」「喜劇・ロマンス劇」と見てきたところで、ライトの描いたものだけを各一点ずつまとめておこう。


◎ 「史劇」

   Lady Grey                        Margaret of Anjou                 Joan of Arc   
    

   Anne Neville                       Constance                     Blanche de Castille
    

   Elizabeth Mortimer lady Percy            Catherine of Valois                Anne Boleyn
    

   Queen Katherine



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Shakespeare's Drama The Tempest 2

2016年08月19日 | 今日の美女
 元公爵の魔法使いプロスペローは、邪心の弟アンニオやナポリ王アロンゾーに追われ、幼児のミランダをつれて二人、絶海の孤島に暮らしており、すでにミランダは美しく成人している。他には、魔女に樹に閉じ込められていたのを救われた妖精アリエルや醜悪なキャリバンという下僕などである。
 ある時、沖を通る船が嵐に襲われて難破する。船には、アントニオやナポリ王とその弟、王子のファージナンドらが乗っていて、嵐はプロスペローの魔法によるものである。
    William Maw Egley                 Kinuko Y craft                            John Anster Fitzgerald
    

◎ 絵画では、海辺で沖を眺めるミランダの姿が多く描かれる。
   Frederick Goodall                       Thomas Francis Dicksee                 Thomas Francis Dicksee
    

     John William Waterhouse                           John William Waterhouse
  

◎ 人々は島にたどり着くが、王子はただ一人離れてしまい、そこで親子に助けられる。ミランダと王子は一目惚れするが、父は王子の心を試すために苦役を命ずる。
 テンペストの絵画としては、この辺りの作品も多い。
     Robert Edge Pine                                        Alexandre Bida
  

      William Hogarth                               William Hamilton
  

     Angelica Kauffman                                       Lucy Brown
  

   Francis Wheatley                    Frederick Richard Pickersgill           Henry Aneley
    

◎ この後、他の一行の出来事や彼らとプロスペローととのあれこれがあって、全てが目出度く収まり、ミランダは王子とともに文明世界に戻ることになるのだが、そのあたりを描いたものは当たらなかった。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Shakespeare's Drama The Tempest 1

2016年08月18日 | 今日の美女

シエイクスピアの最後の作とされるロマン劇「テンペスト 嵐」。

◎ ヒロインは「ミランダ Miranda」という美少女だが、イギリスの著名画家の多くが手掛けている。
 二段目左のバートンのミランダは特に「チャイルド ミランダ」というタイトルになっている。 
 ミランダに扮した女性の肖像画も多い。もっとも中にはかなり薹が立ったミランダもあるが・・・


   John William Wright                   Sir Frank Dicksee                 Anthony Frederick Sandys
    

   Sir Frederick William Burton              作者不詳                      G.W. Conarroe
    

   George Romney                      Benjamin Meyer                  作者不詳
    

   Sir Joshua Reynolds                 John Hoppner                   作者不詳
      


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「メッセージカード絵本」という豆本 2冊

2016年08月17日 | 豆本

 この豆本は、グリーティングカードとかポストカードなどから集めた、猫・犬・鼡・兎などの下の絵のような動物漫画のカットを並べた豆絵本である。

 それぞれ七丁から出来ていて中身も全部違うのだが、特に上下二巻とうわけではない。
 それというのも、この絵本は定まった形が無いのである。どういうことかというと、まず丁数は四丁から自由に変更できる。理屈の上では十二丁まで可能である。別な言い方をするなら四丁以上なら落丁・乱丁が無いのである。なぜなら一図一図は全く独立しているので前後関係がないからである。一応一段目のように同一シリーズのものはまとめてあるがこれらとても別に連続した絵ではない。一応扉や奥付のある前後の二丁ずつは連続させてあるので留意するのはそこだけである。
 単にばらばらの絵を適当に並べて綴じただけの纏まりの無い本だから厚かろうが薄かろうが、順番が違っていようがいまいがそれなりに完本なのである。

 なぜこんな本にしたかといえば、複数の分厚い本を多数作るのは大変だが、薄くてそれぞれが違う本がたやすく作れて安上がりという「せこい」根性からにすぎない。小さな子たちのプレゼント用などに多数頼まれた時には便利である。 




    


    


    


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村