豆本三昧我褸芥(がるぁくた)ノート 及び 美人画あれこれ

日本の名作文芸と東西の名画の自作豆本の内容紹介のほか、その資料として集めている東西の美人画をいろいろ紹介しています。 

Diane & Actaeon (Actaion) 2

2017年07月12日 | 今日の美女

 異形の鹿男は、実は普通の人間の若い王子アクタイオンの変わり果てた姿である。
 ある日彼は何人かで狩りに出て、その日の狩りの後一人で森の中を散歩していた。
 そして、水浴をしているダイアナ一行をたまたま目撃することになる。ニンフ達は慌ててダイアナを隠そうとするが間に合わない。
 人間に裸身を見られて怒ったダイアナは 「女神の裸を見たと触れ回るがいい」と言いながら、水を掬ってアクタイオンにあびせかける。
 すると彼の頭から角が生えどんどん大きくなって、それとともに全身が鹿に変身してしまう。
 昨日の絵の多くが、鹿男の出現に驚いた形になっているがそれは話には忠実ではなく、本日の絵の方が話に沿ったものである。
 昨日の絵でも例えばクラナッハの絵は水を掛けられて鹿に変じているところなので話通りである。

  

  コローとかドラクロアなどの大物も描いている。
   Camille Corot                   Bernard Boutet de Monvel              Eugene Ferdinand Victor Delacroix   
    

     Giacomo Ceruti


    Denis van Alsloot & Hendrick de Clerck             左の絵の拡大部分 水をかけているのはニンフ
  

   Tiziano                                   Dirck Van Der Lisse
  

    Joseph Heintz                                        Gerard Hoet
  

   Jules Joseph Lefebvre 人の気配に驚くダイアナ達            Alesandro Turchi
  


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 豆本へにほんブログ村
『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Diane & Actaeon (Actaion) 1 | トップ | Diane & Actaeon (Actaion) 3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日の美女」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。