れもんのいれもん

枠順分析(馬名・レース名など)による競馬予想

第62回 京王杯スプリングカップ(G2)2017.5.13

2017-05-13 05:55:57 | 競馬予想
2回東京7日11R(土曜)2017.5.13
第62回 京王杯スプリングカップ(G2)
サラ系4歳以上 オープン (国際)(指定) 別定 1400m 芝・左

*雨・稍重〜重で予想。

*単勝4(40%)
 馬連4−9、4−10(各30%)


1.ヒルノデイバロー Hiruno Devaro
 『冠名+人名より』
  Devaroは不詳。高松宮記念の馬名プロファイルでも、正体不詳と書かれている。
  レース名から「蛭」のイメージも湧かず。

2.ロサギガンティア Rosa Gigantea
 『バラ属の種』
  giganteus"はラテン語で「巨大な」。バラ族の中で最も大きな種。
  前年の3着馬であるが、白色の花に対して白枠であったりと、アドバンテージがあったと判断。

3.キャンベルジュニア Campbell Junior
 『キャンベルの息子』
  Campbellは、フランス語「美しい牧草地(農場)」からの英語名。

▽4.サトノアラジン Satono Aladdin
 『冠名+人名より』
  昨年の1着馬で騎手も同じ。枠は5枠10番⇒4枠4番へ。斤量は1キロ増の57キロ。
  springは、春という意味以外に「飛び出す」なんて意味もある。
  Cupに似たアラジンの魔法のランプから、魔神が「飛び出す」のもレース名に近いかも。
  馬場適性はかなり不確実。

5.トーセンデューク Tosen Duke
 『冠名+公爵』
  特に感じるものはないですかね。

6.ダンツプリウス Dantsu Prius
 『冠名+~に先立って(ラテン語)』
  prius「さらに早く、かつて、以前に、~に先立って」など。
  Dantsu「段通=中国の手織り高級絨毯」。

7.ブラヴィッシモ Bravissimo
 『素晴らしい(伊)』
  bravoの最上級「((演奏者・歌手・役者などに対する最大級の称賛の叫び)」。
  どうも人気と着順がほぼリンクしている感じはする。
  
8.トウショウドラフタ Tosho Drafter
 『冠名+立案者』
  特に感じるものなし。

▽9.グランシルク Grand Silk
 『偉大な(仏)+クラブ名より』
  レース名的に「杯・Cup」とついており賞賛度が高いレース。
  silk(絹)は「美・ぜいたく・豪奢」などを表す。
  それにgrandがつくことで、Wの賞賛イメージがつく。
  
▽10.レッドファルクス Red Falx
 『冠名+ラテン語で「鎌」の意味を持つ両手剣』
  結婚判断が難しいが、レース名的にはあまり血の気の多さは要求してない様子。
  馬場が悪化すれば、パワーを要求されるようになり、こういう馬名が浮上する。

11.トーキングドラム Talking Drum
 『アフリカで遠距離の通信に用いる打楽器名』
  特に感じるものなし。

12.クラレント Clarente
 『アイルランドの神話でアーサー王の重宝』
  戴冠儀礼用の剣で、炎の剣。

13.ダッシングブレイズ Dashing Blaze
 『威勢の良い炎』
  レース名的に、炎感は要求されていないように感じます。
『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 第22回 NHKマイルカップ(... | トップ | 第12回 ヴィクトリアマイ... »