れもんのいれもん

枠順分析(馬名・レース名など)による競馬予想

第24回 函館スプリントステークス(G3)2017.6.18

2017-06-18 06:05:17 | 競馬予想
1回函館2日11R(日曜)2017.6.18
第24回 函館スプリントステークス(G3)
サラ系3歳以上 オープン (国際)(特指) 別定 1200m 芝・右

*晴れ・良馬場、函館にしては芝軽めで予想。

*単勝10(70%)
 ワイド8−10(20%)9−10(10%)


1.ラインハート Rinehart
 『人名より』
  ドイツ系の名前でラインハルトとも。
  意味は、古いドイツ語から「勇敢な人、忠誠心のある」など。

2.ノボバカラ Nobo Baccara
 『冠名+ゼロ(伊)』
  ノボは冠名だが、もともとは関係者の名前『登』から。
  baccaraは、カジノのバカラ、クリスタルガラスのバカラも。

3.キングハート King Heart
 『王+母名の一部』
  この増田陽一という馬主は、冠名と思われる物が多数ある。
  疑いの範疇を含め「ラブ、キング、ハート、ボールド、アキノ」の5つを確認。
  この馬名は「冠名+冠名」ともとれる特殊系。
  馬名のkingはプラスにとるが、heartをどうとるかは微妙。
  斤量の56キロも、他と比べると不利な感じはする。

4.エポワス Epoisses
 『フランスの地名』
  エポワスチーズで有名なフランスの村。
  16世紀の初めにシトー派の修道院で作られ始めたとされているそうだが、確証はないらしい。
  シトー派というのは、函館にあるトラピスト教会にもつながる(別名?)模様。
  ただ、函館でエポワスチーズがつくられているとかは調べがつかなかった。
  
5.イッテツ Ittetsu
 『一徹。思い込んだら頑なに押し通す事』
  この馬名の意味紹介を見ると、星一徹をイメージしているもかもとは感じる。
  まあ、レース名的には素早さが重要なので、こういうのは要らないかなとは思います。

6.クリスマス Xmas
 『クリスマス』
  函館ではやたら来る。やはり修道院が有名だからであろうか?
  しかしながら、この時期、古馬混合G3クラスでは買いにくい馬名。
  3年前の3着は50キロだったからと考えたい。

7.エイシンブルズアイ A Shin Bullseye
 『冠名+標的の中心に大当たりすること』
  やはり加齢で運動能力が落ちているのか、精度高く標的の中心には当てにくい様子。
  
▽8.ジューヌエコール Jeune Ecole
 『大規模艦隊に強力な小型艦で対抗する19世紀の海軍の戦略思想(仏)』
  jeune「(人・動植物が)若い、(人が)若々しい、(人が)未熟な」など。
  ecole「学校、校舎、(学問・芸術の)学派」など。
  まあ、やはり2歳戦に強そうな馬名ではありますね。
  50キロの斤量は魅力なのと、函館という地名に「北村」は相性良さげ。
  馬名的には修道院イメージ。強引に狙う価値有りと判断。

▽9.レヴァンテライオン Levante Lion
 『東方(伊)+ライオン。東方のライオン』
  とりあえず、2歳時に函館で2戦2勝。だが3歳になってから惨敗続き。
  馬名期には、決してストライク感は乏しい。
  ライオンがパワーと短距離のスピードがあるので、コース適性はあるのだろう。
  函館が東方というのも、まあ間違ってはいない。
  52キロはそれなりに魅力。

△10.シュウジ Shuji
 『人名より』
  昨年52キロ、2枠3番で2着。
  今年は、56キロ7枠10番。この斤量は若干重いかも?
  馬名は、故・寺山修司からですが、出身地は青森県弘前市。
  函館との関係はちょっとみえませんが、馬主は札幌の人。
  今回は、家系のルーツを函館に持つ武豊とのコンビ、これはにおう。
  スピードが出るとはいっても、函館はパワーのいる馬場。
  武力が豊かな武豊とのコンビはプラスでしかないと判断。

11.ホッコーサラスター Hokko Sara Star
 『冠名+人名より+スター』
  馬主は苫小牧の人。
  Saraの意味は通俗でprincessだが、今回はパワー的に劣りそう。
  一応、函館の1600万までは勝ってはいるのだが。

12.セイウンコウセイ Seiun Kosei
 『冠名+恒星』
  馬名的には、スピード感を感じない。
  ついでに、パワーも感じない。
  まあ、盛運+恒星ならば、基本いい感じの馬名である。
  成績を見るといかにも来そうだが、あまりローカル感、裏感は無い馬名である。
  この人気、この斤量なら切り捨てたい心境。

13.ブランボヌール Blanc Bonheur
 『白い幸福(仏)』
  まあ、微妙な馬名ですね。
  スピード感、パワー感は乏しいですね。

『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 第22回 ユニコーンステー... | トップ | 第58回 宝塚記念(G1)201... »