れもんのいれもん (`・ω・´)シャキーン

枠順分析(馬名・騎手名・レース名など)による競馬予想など

第64回 府中牝馬ステークス(G2)2016.10.15

2016-10-14 23:57:22 | 競馬予想
東京11R(土曜)2016.10.15
第64回 府中牝馬ステークス(G2)

▽1.マジックタイム Magic Time
 『日が沈んで空が青く綺麗な数分間のこと』
  まあ、かなりの短時間のお話ですね。
  時間と距離はリンクするので、やはり短距離〜マイルの馬なのかと?
  1800以上の距離の実績は明らかに見劣りします。  
  枠は相当恵まれていると思いますが、人気なら切りたいですね。

2.シングウィズジョイ Sing with Joy
 『楽しそうに歌う』
  黒枠はいい感じはしません。
  晴れ、良馬場になりそうなのは悪くはないですが。
  
3.リーサルウェポン Lethal Weapon
 『致命的な武器』
  条件戦までしかまともに成績が残っていませんね。
  馬名的には、全く来る感じはしません。

4.メイショウマンボ Meisho Mambo
 『冠名+父名の一部』
  レース名につながる要素は見いだせませんね。

5.カフェブリリアント Cafe Brilliant
 『冠名+光り輝く。勝利の栄光に輝けるよう』
  昨年8枠17番、55キロ、稍重で3着。
  今週が良馬場で、54キロ、枠順的にも恵まれている感じ。
  加齢で6歳馬になるっていうのが、かなりマイナス面?
  
△6.スマートレイアー Smart Layer
 『冠名+層』
  2年連続2着、とりあえずは買うしか無い。
  馬名は「利口な、活発な+重ね、(競馬の)胴元」あたりで解釈。
  東京競馬場のお膝元だし、”府中のおばさんステークス”なのだしね。

7.ハピネスダンサー Happiness Dancer
 『冠名(喜び)+踊り子』
  まあ、良馬場ならそこそこ走るタイプなのだろう。
  が、そこそこ走ってるのは右回りばかり。
  東京、中京の成績は悪いね。

8.カレンケカリーナ Curren Che Carina
 『冠名+すごく可愛い(伊)』
  明らかに、加齢が苦しい馬名ですかね?

9.アスカビレン Asuka Biren
 『冠名+美しい練習より』
  なかなか評価の難しいところ。
  条件戦と比べ、重賞は練習ではなく本番と解釈できるかもしれない。
  重賞を3戦しているが、一度も馬券になっていないところは引っかかる。
  格上挑戦であるところも、馬名的なニュアンスが伴わない感じが。

10.シュンドルボン Sundarbans
 『マングローブの群生地帯。母名より連想』
  ベンガル語で「美しい森」を意味する。
  まあ、府中には森はそれなりにあるんですけどねえ?
  いまいち、切れ味を感じません。明らかなマイナス要素も無い気はするんですが。

11,メイショウスザンナ Meisho Suzanna
 『冠名+モーツァルト作曲「フィガロの結婚」のフィガロの結婚相手』
  とりあえず、可能性は薄いと。

△12.シャルール Chaleur
 『情熱(仏)。母名より連想』
 「熱意、(言葉・議論などの)熱っぽさ」あたりの意味でとってみます。
  パワーが要求される東京1800とはいえ、牝馬限定戦、気持ちの強さで勝負も出来そう?
  1800−2000の長めの距離での成績がよく、このメンバーなら十分上位と判断。

13.クイーンズリング Queens Ring
 『マンハッタンの隣にある地名+母系より』
  まず、重巧者ですね。パワーで押し切る必要性があるとき有利なんでしょう。
  女王っていうのは、そういうもんでしょうね。
  良馬場で、馬場も荒れてないとなると、多少はスピード感が必要でしょう。
  とにかく気になるのが、騎手が外人ばかりということ。
  京都で強いのは、外国人観光客が多いからかもしれませんね。
  阪神地区でも、それなりに外国人の力を感じているのでしょう。
  府中では、外国人観光客多いなーなんて感じたことは一度もありませんね。
  

   *マジックタイムは悩みましたが、それほどかぶってないので入れました。
    印を付けた4頭は、枠順的なことまで考慮すれば、低レベルの甲乙つけがたし。
    馬券は、当てにいく感じで、勝負レース感はありません。

    ワイド6−12(50%)1−6(30%)1−12(20%)




『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 第51回 農林水産省賞典 ... | トップ | 第21回 秋華賞(G1)2016.... »