pacific0035'写真BBS

文学や史跡で登場するマチを旅しながら、折々、紹介することを心がけています。

殺傷・武家・帰依 鎌府の名刹・瑞鹿山円覚寺

2017年05月11日 06時25分16秒 | 放送


殺傷・武家・帰依 鎌府の名刹・瑞鹿山円覚寺
 作家の五木寛之氏がめぐる「名刹百山」番組の一翼.漱石の『門』でも紹介されて、いると.

 選仏場 どうも座禅堂にあたるらしい.そのように承った・
 舎利殿.こちらは教科書掲載の画像で拝見してきた.「
仏舎利を安置した建物」ということになるはずながら、いかが、か.
 北條時宗創建.ときの執権北条時宗.
 「中国・宋より招いた無学祖元禅師により、円覚寺は開山」
 「国家の鎮護、禅を弘めたいという発願」
 「蒙古襲来による殉死者を、敵味方の区別なく平等に弔うため」、と.



 鎌倉五山から住持を派遣された国指定史跡の整備にかかわらせてもらっているも、北海道の寺院旧跡で<支持層>拡大に思案すること、多くあるも.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  「面」が織りなす一体感 築... | トップ | 貴族の別荘&庶民終焉 嵯峨... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

放送」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL