pacific0035'写真BBS

文学や史跡で登場するマチを旅しながら、折々、紹介することを心がけています。

誕生・知識に値=あうの確率 盲亀浮木=もうきふぼく

2016年10月17日 06時38分15秒 | 自然


誕生・知識に値=あうの確率 盲亀浮木=もうきふぼく
 <盲亀浮木>の比喩は、『雑阿含経』 『涅槃経』で記載があると、紹介されている.1960年代、増谷文雄著『仏教百話』に紹介があった気がするが.

 要約すると以下に.
 「大海の底にすみ、百年に一度だけ海面に出てくる盲目の亀が、海面に浮かぶ一本の木に出会い、その木にあいている穴に入ることは容易ではないという」
 「もとは、仏または仏教の教えにめぐり合うことは、非常に難しいことをいった」。
 (図も説明も http://ameblo.jp/go-go-pyonta/entry-10214506442.html )

 増谷著では、「人身受難今既受」「仏法聞難今既聞」の比喩で書かれていた.また、亀が表面にあらわれる間隔は<劫=こう>の長い時間であったように、記憶するが.

 山林作業で流木を倒すみぎわに衝突して即死.
 車の事故でたまたまヒトガ居て、出会い頭に人身事故.

 死の場面は<人目>にも触れる.しかし、生物界.<受胎>の瞬時は、秘密下ですすむ.そういうことでは、あるまいか.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  <えりもと>=衣+刀 <初... | トップ |  <伝>西国街道の街道松 三... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL