pacific0035'写真BBS

文学や史跡で登場するマチを旅しながら、折々、紹介することを心がけています。

摂社(せっしゃ)=本社に縁故の深い神 大元神社・安芸宮島

2016年10月14日 08時07分07秒 | 旅紀行


摂社(せっしゃ)=本社に縁故の深い神 大元神社・安芸宮島
 大元神社.島の街並みを越え、水源地にほど近く.
 
 この神社には様々な概念が.
 ◎祭神=「厳島神社が出来る前からあるとされる神社。佐伯鞍職は大元神社の最初の神主」.。
 ◎摂社=本社に縁故の深い神を祀った神社。本社と末社の中間に位し,本社の境内にある境内社と境外にある境外社がある
 ◎厳島島廻(御島巡式)=5月15日に厳島の神社を巡る御島巡式というのがあって、その一番最後に巡るのがこの大元神社
 ◎大元葺=大元神社でしか見ることのできない特殊な屋根の葺き方が「大元葺」。国の重要文化財。6枚重ねの三段で葺く.

 知らなかった.調べてからゆくと、熟視したものを.
 しかしそもそも、本社の存在知らずに訪問.


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  お子様ランチも鯉城 <杜の... | トップ | 湖東漁業区 厚岸湖無住集落 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL