pacific0035'写真BBS

文学や史跡で登場するマチを旅しながら、折々、紹介することを心がけています。

白樺林の軌道跡 上尾幌森林軌道・厚岸

2016年10月31日 06時16分24秒 | 旅紀行


白樺林の軌道跡 上尾幌森林軌道・厚岸
 スピードをあげた列車の車窓から一枚.どうやら、使い物になる、や.
 いつのころか白樺の二次林にかわり、路床のあとを確認しながたいものの、わずかに軌道跡を確認することができる.
 「軌道らしいが、なんの跡か?」.1955年ころから通過するごとに念頭に浮かべ、1965年の3月下旬.一度だけ歩いてみたことがある.

 ごく最近、インターネットで「上尾幌森林軌道」なるキーワードのあることが、判明.
 多分、この路床が該当するのではと、あれこれ調べている.

 過程でみえてきたこと.これまたホームページの紹介で、昭和32年地形図を引用しての解説.
 「ないはずの路線が記載(註 緑印内)されていて、上尾幌駅から北西に延びている」、と.

 それは少々、異なるのではないか.
 図示の北西に延びている軌道=緑色は1964年まで稼行していた炭鉱の輸送用軌道.この傍らを、1961年頃から春夏秋冬、ほぼ毎年歩いた.

 むしろ、茶印で図示内の…表示の約2キロの「踏み分け道」.JR北海道花咲線の軌道に並行する軌道跡.
 こちらが現在もかすかに残存する「上尾幌森林軌道跡」ということに.

 そうなるはずながら、いかがであろうか.

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  そういう世界が ソックス=... | トップ | 鉄道愛好者の行動 日南線 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅紀行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL