グーッ!チャリ!ぱ~だ!

映画とちゃりんこと、時々、ラーメン。
それぞれの感想は個人的意見っす!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画:守護天使

2009年06月24日 | さ行の映画

守護天使 ←クリックでオフィシャルサイトへ

【コピー】
 大不況時代のヒーローは・・・、
 アレ?こんなヤツら!?

【キャスト&スタッフ】
 監督:佐藤祐市
 出演:カンニング竹山、佐々木蔵之介、與真司郎、忽那汐里、寺島しのぶ

【作品情報】
 ジャンル:ドラマ
 製作年:2009年
 製作国:日本
 配給:エイベックス・エンタテインメント

【あらすじ】
 薄給メタボで恐妻家のサラリーマン・須賀は、鬼嫁から500円のお小遣いをもらい満員電車で会社に向かう。
 通勤途中の駅で虎の子の500円を落とした彼は、拾ってくれた優しい女子高生の涼子に一目ぼれしてしまい、勝手に彼女を守ることを決意する。
 その事を幼馴染のチンピラ・村岡に相談するも、「いまどきの女子高生は乱れてるぞ」と一蹴される。
 おまけに、彼女が書いたらしいブログには、彼女の淫らな日々がつづられていて…。(goo映画より)

【感想】
 キサラギの佐藤祐市監督最新作。
 キサラギは、どんでん返しに次ぐどんでん返し、怒涛のストーリー展開で楽しませてくれましたよね。
 今作もそんな展開を期待したのだが・・・

 ちょいと変わったキャラを扱わせると、この監督はウマイ。
 さえないメタボ中年サラリーマン、雀荘暮らしのチンピラ、イケメンのヒキコモリ、そんなミョーな取り合わせの3人組ヒーロー。
 そんな彼らが、美少女を勝手に護衛、勝手に救出に向かう・・・。
 キレ芸の竹山さんだが、こういう最弱キモキャラがよく似合う。なんだか現代日本のサラリーマンの悲哀を象徴しているようで情けなく可笑しくも悲しい。

 今回、どんでん返しの妙という面白さは無いが、個性的なキャラが活躍する面白さはキサラギ以上かも。
 40歳の中年オヤジが女子高生に恋!?なんて聞くとキモイで終わってしまいそうだが、
 かっこ悪くてもいっか!とそんな勇気をくれるちょっと素敵なコメディラブストーリーってとこかな。

 それにしても、キモかっこいい竹山に対してキモトドの日村・・・。かわうそう。

 グーッ度:
 3点(5点満点)

 (ユナイテッドシネマキャナル13にて)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画:インスタント沼 | トップ | どさんこ:皿うどん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
守護天使 (だらだら無気力ブログ)
冴えないサラリーマンの中年オヤジが年甲斐もなく女子高生に一目惚れし、 彼女を襲う悪から守ろうと勝手に奮起する様を描いたラブコメディー。主演にはカンニング竹山を迎え、ヒロインを忽那汐里、共演に佐々木蔵之介、 寺島しのぶ、佐野史郎、大杉漣と豪華キャストが名...
『守護天使』勝手に”ジャパンプレミア”試写会 (アートの片隅で)
ブログパーツならブログデコ!! 『守護天使』勝手に”ジャパンプレミア”試写会に行って来ました。 ”ジャパンプレミア”とは言ったものの、登場したのはカンニング竹山だけ、、、 佐々木蔵之介は忙しくて無理だとしても、監督やその他の若手も来ないとは、、、あくまで...