グーッ!チャリ!ぱ~だ!

映画とちゃりんこと、時々、ラーメン。
それぞれの感想は個人的意見っす!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ベクシル -2077 日本鎖国-」観ました。

2007年08月18日 | は行の映画

ベクシル
VEXILLE

「希望よ、ひらけ。」

監督:曽利文彦
声の出演:松雪泰子、黒木メイサ、谷原章介、大塚明夫、桜井孝宏、森川智之、柿原徹也
ジャンル:アニメ
製作年:2007年
製作国:日本
配給:松竹

21世紀初頭、バイオ・テクノロジーとロボット産業の急速な発展から、日本は世界を大きくリードした。
そのため、様々な危険が指摘されるようになると、国連の規制に反旗を翻し、2067年、鎖国という決断をとった。
それから10年後、米国特殊部隊SWORD所属の女性兵士、ベクシルは、日本への侵入作戦を実行する。そこで、ベクシルが目にしたのは、延々と続く荒涼とした大地だった。

----------

映像的にはすごく新しいし面白い。

いろいろみせようとする、なかなか、意欲的な映画と思われ。

ワーム状の「ジャック」なる機械生物は、なんだか砂の惑星(デューン)を思い出してしまった。
アンドロイドが・・・なんてところは、ちとブレードランナーを想像させられるし。
日本鎖国ってオリジナリティが高そうな予感がしていたんですが、なんかとなんかを足して割ったような雰囲気が感じられるのは残念っ。
そういいつつも、アクションシーンやバギーの疾走シーンなんてケッコウ迫力あったし。
こまかいディテールにもこだわってるし。見せ場はそこそこあります。

松雪さん、谷原さんは雰囲気出てたものの、黒木さんは一歩と思われ残念す。

ま、なんだかんだいいつつも、それなりには、楽しめるんじゃないでしょうか

楽しねまスターポイント:

(ユナイテッドシネマ福岡にて)

初日特典(ステッカー)です。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「博多ラーメンしばらく 福... | トップ | 「夕凪の街 桜の国」観ました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
スーパーロボット大戦W改造コード (スーパーロボット大戦W改造コード)
スーパーロボット大戦W改造コードについて知りたいですか?スーパーロボット大戦W改造コードとは何ぞやという人は是非ご覧下さい。
谷原章介関連 最新トピック (谷原章介 画像動画情報ブログ)
祝映画化「花より男子」そういえば、10年チョイ前に内田有紀&谷原章介で映画化. ...