グーッ!チャリ!ぱ~だ!

映画とちゃりんこと、時々、ラーメン。
それぞれの感想は個人的意見っす!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画:スカイ・クロラ

2008年08月02日 | さ行の映画

スカイ・クロラ
The Sky Crawlers

【コピー】
 もう一度、生まれてきたいと思う?

【キャスト&スタッフ】
 監督:押井守
 原作:森博嗣
 脚本:伊藤ちひろ
 声の出演:菊地凛子、加瀬亮、栗山千明、谷原章介

【作品情報】
 ジャンル:アニメーション
 製作年:2008年
 製作国:日本
 配給:ワーナー・ブラザース映画
 上映時間:121分

【あらすじ】
 舞台は、ありえたかも知れないもうひとつの現代。
 この世界では、戦争とは平和を実感するための必需品。
 大人たちが作り出した“ショーとしての戦争”のため、“キルドレ”と呼ばれる思春期の姿のまま永遠に生き続けることを宿命づけられた少年少女たち。
 戦闘機に乗り、大空を舞い、仕事として人を殺す。(goo映画より)

【感想】
 抜け出せない、変わらない永遠の繰り返し、キルドレと同じ年代の若者を代弁しているのかも知れない。

 映像は、人物を除いてはかなりリアル感のあるもの。
 空中戦のシーンなんてかなり迫力がありました。
 それと対照的な平板な感じの人物像、これがアニメ=非現実である事を認識させらる。

 今のこの日本が平和と感じるのは、遠い異国で戦争や紛争の哀しいでき事が絶えずあり、比べてみているからかも知れない・・・。
 そんな事を改めて感じさせられ、なんだか遣りきれない気持ちが残ってしまった。

 エンドロール後、かなり重要なシーンがあるのでお見逃しなく。

 グーッ度:
 3点(5点満点)

 (ユナイテッドシネマ福岡にて)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大助うどん:ごぼう天うどん | トップ | 映画:カンフー・パンダ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『スカイ・クロラ』・・・前翼プッシャー機に魅せられて (SOARのパストラーレ♪)
『スカイ・クロラ』に注目し始めたのは、登場する戦闘機がプッシャータイプであるという情報を得てからのこと。プッシャータイプとは機体後部にエンジンとプロペラを搭載する航空機で旧海軍の「震電」があまりに有名だが、これは実戦投入されることのなかった幻の戦闘機で...
「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」「青空ポンチ」映画館レビュー 遠い (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」「青空ポンチ」
スカイ・クロラ (Akira's VOICE)
茨の空で生きる。  
「スカイ・クロラ」ジャパンプレミア (アートの片隅で)
「スカイ・クロラ」のジャパンプレミアで国際フォーラムに行って来ました。 座席は中央通路付近でしたが一番端の方でがっかりしていたのですが、なんとすぐ後ろの扉からキャストが登場するというある意味ラッキーな場所でした。 少し遅れ気味で、やっと音楽が流れ始める...
【2008-184】スカイ・クロラ The Sky Crawlers (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? どこか、日本とよく似た国に 大人にならない子供たちがいる そして彼らは、僕たちにとてもよく似ている。 キルドレ 永遠の子供たちの物語 もう一度、生まれてきたいと思う?