光年・千年

纏わりつくが、纏まらないおはなし、日記ふう。

3月16日、雲の多い空、境界線があるかないか。

2017-03-20 15:18:26 | 散策
  空は明るいという、3月20日。風もあまりなく、でも、あるものはあるなー。ないもの、探し物もある。

  あるもののほうが怖い。夜が特に怖い。誤嚥も怖いが。


  3月16日、春らしい雲が出ている。




  その一。午後の3時過ぎで、16日のことを覚えているか、というといくらかは。




  その二。




  その三。




  その四。この画像に、特に恐怖感はないが、悩ましいこと、精神衛生上好ましくはないもの。

  これらは多かったはずだ。




  その五。細かく見てゆくと、雲の表情の豊かさはわかる。




  その六。




  その七。




  その八。




  その九。この午後の空になにかありそうな感じは、それがたとえば人の顔に、動物に見えそうなものは
  
  ない、と思う。これが残念だが、仕方ない。

  

  きのう、3月17日宵の時間の、南西の星空。G1 X の続きで、一番新しいカメラ、キヤノンのG1 X Mark IIでの

  同じ南西の空の画像は作ったが、なかなかこれを出そうという気にならない。

  同じ露光時間で、レンズの f 値は、小さくつまり明るく出来る。画像の中心部だけを拡大したものだと

  悪くはないような気がする。北極星辺りの画像が撮れれば。


  そういえば、変わらず「探しもの問題」はあって、郵便物に使う赤いボールペンが、なぜか見つからない。インク

  の出は悪い。でももっと古いときに製造されたと思える赤のボールペンはあって、これは今日も使った。

  これを引き出しから出した記憶は、薄ぼんやりだが、ある。しかし、物を捨てることは滅多にしない。

  自分でも、最近の短い時間に、新しい筆記用具を買っている記憶はもちろんある。

  で、物を捨てることは、考えられない。これに気が付いたのは、たしか土曜日の夜。2日前。

  一番嬉しいのは、何かが見つかったということだが、これはあった。使い切ってはいない、切手のシート。

  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひどい花粉症の症状が、真夜... | トップ | 予報通りの雨、一日中雨は、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む