光年・千年

纏わりつくが、纏まらないおはなし、日記ふう。

12月12日の冬景色は、午後に一瞬にして消えた。

2016-12-13 14:52:19 | 散策
  朝から、いつもの時間に起きて、いろいろな体操をしながら、悲鳴があがらないようにしている。

  これは事実。肩こり体操もあるが、痛み、これが出ないように。最悪にも段階があるが、捻挫。初歩的だけど。

  
  こけた。

  こけたのはこの前あった。まったく予想していなくて、人が来て、慌てていたので、靴下をはいていて

  ツルリ。一段高い玄関の床に、落ちた。このときはなにもなかった。そう思うが、事実を受け止めると

  危ないという時期が、来てしまった。


  今日は12月の13日で、火曜日。で、間違いないと思う。いろいろ見るものはあるが、12月13日。


  朝はのんびりしていて、きのうの画像を見る時間がくるが、真冬の寒さ、どこかにいった。嘘のような

  詐欺師に騙(だま)されたような、穏やかな画像がある。これも、どうしたらいいか時間はかかった。

  これが画像、というか、絵日記の絵の方で。かと書くと、火。



  ハガキを書く。どうしても、正座しないといけない。これを考えていて、しかし、うまくないな、ということは

  続いた。

  ただ、動くこと、食べること、話すこと、掃除、出来る。汚したら、自分で掃除。これをやる。


  10時だったが、ピンポン。おかしいな。

  外を見る。汚れを気にしつつ。白い小さい、しかし、それしかないという車。

  ある女性の話、姪だが、これを聞く。やはりあまりしゃべらない。それでも、こちら、私にすぐ理解できる

  ことは少ないので、気がつけば、どうゆう感じと聞く。

  ここまでで精一杯。11時半、用件は済んでいるので、帰っていった。まったくスマート。


  忘れているが、飯も食わず。ということはなく、予定していたものを、少なくして、それから3時間もたった。


  12月12日、午後。



  その一。




  その二。




  その三。なんとも穏やか。




  その四。これがきのうの12日の午後。




  その五。




  その六。同じようなところが出る。




  その七。




  その八。午後3時過ぎ、短い時間で。




  その九。きれいだな、あるいはマイナス、氷の冷たさを感じさせない。穏やかさ。


  冬はどこかにいった。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南の風が吹いていて、気温は... | トップ | 夜中から北風が吹いているが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む