光年・千年

纏わりつくが、纏まらないおはなし、日記ふう。

早朝の山の印象。まだ何か変化があるという兆候はないけど。

2017-09-17 12:58:58 | 散策
  先に画像だけで、朝の立山連峰、位置的には、見える方向は東。

  地図でいうと、撮影地点は、立山より西側にある。立山連峰のさらに向こう側、遠くになる方、はまったく

  知らないけど黒部川が流れている。小さい地図で、関東までわかるという程度だと、東の方向はこれまた

  びっくりするような地名の位置を知ることになる。




  その一。




  その二。ここまでは広角で。




  その三。よく出るところ。




  その四。




  その五。


  少し時間がたって明るくなる。



  その六。




  その七。




  その八。


  台風の影響、いつにどうなるか。


  2日前の金曜日、姪っ子に電話。なかなか話がうまく続かない。私のほうがである。

  特に、星とかに興味はなさそう。いや、まったくない。以前、一度だけ、しょぼいとわかっているが

  写真を見せた。なんか無理やりな感じがあるが。ただ、ネコが好きなようで、これは見る。

  しかし、最近ネコが現われることはまれ。鳴き声も少ない。

  私より間違いなく若い。車も運転できる。大型は持っていないようだが、普通車で、特にこれ以外はダメと

  いう制限のない免許を持っている。2、3 回乗せてもらったことはある。最近はない。


  で、携帯の話もする。人工衛星の高度、と私がしゃべったところで、自分の頭が空転した。

  なにを言いたかったのだろう、ということになる。

  いまも、洗濯しつつ、人工衛星の高度と周期の関係、もっとも初歩的なところを読み直している。

  地球の半径も、すぐには出なかった。

  地球は丸い。普段考えることはない。平だと思っている。球面三角法、ハテナである。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 少しジメジメとしている朝、... | トップ | あまり変化はなく、雨風が少し。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

散策」カテゴリの最新記事