光年・千年

纏わりつくが、纏まらないおはなし、日記ふう。

好日、夏雲。

2017-06-16 14:15:46 | 散策
  好日かどうか。いつもどうすると思う、危険な「賭け」のような状況はよくある。

  最小限にして、止めるというのが正解だった、というときもある。後があるので。


  お天気の神様はご機嫌のようで、いい風が吹いていると思う。

  このところ、洗濯とかは出来るが、頭を洗うということがなかなか出来ない。

  それを今日の午前、やった。少しすっきりとした。

  ついでに、TVをも見た。


  そのときまでで、そのあとはだめ。


  夏空のような、雲が出ているが。6月16日。「梅雨」とか。ときどき他の方のグログ見て、見ているのね。

  そうなのかな。身体でいうと、そうゆう時期はもう来ない気もするが。


  6月16日、朝。



  その一。色がいい葉が出て来た。そうなのか。




  その二。東の空。




  その三。きれいな水色なのだけど。ここまでは朝、午前5時台の後半で、もうすぐに6時。




  その四。様子が変わった。7時半ごろ。




  その五。




  その六。




  その七。




  その八。





  その九。



  ときどきネコの鳴き声。これは夜。さすがに姿は見えない。

  同じ夜、イヌの鳴き声もする。ないよりあったほうがいい。

  耳鳴り。これもある。

  夜は、ガス、電気、窓の錠、見直す。このときも不思議な音がする。



    
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝の涼しい風。月と鴨と。 | トップ | 朝はやけに静か、緑濃くなる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む