光年・千年

纏わりつくが、纏まらないおはなし、日記ふう。

山勘外れることが多い昨今。

2017-07-12 13:20:05 | 散策
  占い、あるいは、頭から降りてくるもの、あるいはアメダス、高解像度降水ナウキャスト。

  こうゆうものも考慮しつつ、どうするか考えるが、いずれもはずれることが多く、いい方にゆくかというと

  これがほとんどない。


  薬缶。いまはこれを使わないが、使えないという言い方も出来るが、ガスコンロをパチパチ言わせて

  プロパン、違った、液化ガスのはずだ、が青い炎を出すことがない!のに、お湯が沸く。これに似ているような

  いないような。こうゆうことが起こる、という議論がある。逆の設定の場合が場合が多いが。これはない。

  それくらい、頑なに、予想ははずれる。

  しかし、いまはもう真っ暗な空になっていて、遅れること3時間かそれ以上で、たぶん雨が降る。

  予定は10時だった。

  「椅子はあった」。あーよかった。これがないと困る。


  それで、真っ暗になりそうなので、ここは急いで。

  7月11日。午後である、18時43分。




  その一。午後6時43分。特大マッチ。




  その二。




  その三。




  その四。




  その五。




  その六。




  その七。


  ようやく雨。13時16分。



  気温は高くないが、大汗。


 
  追記:死角があった。あんなところ、雨が入るわけがないのだが。と書いて、でもミスだな。

  短い時間で、雨、雷は終わるかどうか。

  雷の落ちている方向、これは雲の移動とほぼ一致している。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お天気は曇り、先がどうなる... | トップ | 涼しく感じられる風、が朝に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

散策」カテゴリの最新記事