光年・千年

纏わりつくが、纏まらないおはなし、日記ふう。

大木のカエデ、サンショウ。気温は上がっているが、この感じはなかなかわからない。

2017-04-21 14:04:48 | 植物・花(春)
  気温は知らないうちに、感知されないという感じで、上がっている。鈍感と言うべきか。

  これで、グラグラと来るのだな、わからないというのは辛い。

  いまは、気象庁のアメダス、富山地方気象台のそれを見ているが、午後1時で、20℃を越えている。


  いろいろあれやってこれやって、と考えているが、いまのところ、まだまだ。

  朝、書き忘れた、というのは「ハルジオン」が出ているということ。


  きのう、4月20日、その後ということで、北側にある、カエデ、柿の木などを撮っている。

  北極星を撮るのも、ここからだが。




  その一。一応きのうということを確認して、日当たりのいいところの葉の変化。




  その二。




  その三。やたら、画像の容量が増える。仕方のないことだが、一段階落とすかな。見た目はわからない

  ものだし。




  その四。柿の葉。どうなるかわからないが、虫が出ると、大変なことに。



  4月16日、の画像もまだ残っている。でも植物は生きている、変化に追い付けない。
 
  サンショウ。漢字は書けないが、山椒。頭の中では「サンショ」。サンシュユも、想い出の花だが、サンシュユと

  いう言葉も出ない。遠いむかし、佃煮にサンショウの実が入っていて、いまは食べることもないが、贅沢なもの

  だったと思う。




  その五。




  その六。すぐそばにある、サンショウの木。むかしは、ここのいえにもあった。これははっきりとして

  いる。




  その七。




  その八。



  もう少し、いえの中の掃除など考えているので、早めに終わらないといけない。


  午前中、久々にやる、灯油ヒータのタンクに油を追加する作業。カートリッジを持ったとき、あれ、けっこう

  重いな。これが直感で正しかった。

  すぐに、満杯になる。ダイニチのもので、9リットル入る。ただ、ポンプ、シュポシュポを自分で修理して

  確実に入るようにしたが、空気抜きに時間がかかって。しかも、ポリタンクも満タンだったので、

  すごい早さで入る。大気圧を実感。溢れはしなかったが。


  しかし、どう考えても、今日は暖かくなっていて、5月の頭には、もうしまってもいいような気がするが

  また余っている灯油を元に戻さないといけないのかと思うと、愕然。

  前回追加して、6日か7日間使っているが、こんなに減っていないとは。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 曇り空、風はほとんどなく、... | トップ | どんよりとした空、風が少し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む