光年・千年

纏わりつくが、纏まらないおはなし、日記ふう。

朝の空、短い時間で変容するもの。

2017-04-25 14:23:34 | 散策
  よく、街の、都会の街を、一言で表わすという言葉で「砂漠」があった。

  でもいまは、歌謡曲も聞くことはないので、様変わりだが、TV での音楽番組も少なく、だいたい見ない

  こともあるが、経験のない時代。もう少しご年配の方だと、むかしと同じです、みたいな。


  きのうの朝、新聞が入っていなかった。新聞もそのうちに、配達されることもなくなると思う。

  ただ、この越中の国に移ってきて、生まれは神奈川なのでそうゆうことになるが、ご先祖様もその新聞を

  購読していて、いまに続いている。朝の電話は、ふつうあり得ないが、配達されている人は顔馴染みでも

  あるので、一応電話する。すぐに通じた。このときの私の声はいつもの、ガラガラ声ではなかった。

  これが不思議だが、なんでかな。別に怒っているという状態でもなかった。

  私は自分自身にはずいぶんと、腹をたてているが、これまたどうしようもないもので、なるようになる

  しかない。


  明日は雨、仕方なく、今日、お昼ごろ郵便局に行ってきた。熱風状態で、風はしかしそれほど強くは

  なかった。こうゆう天気になると、いえの中は涼しく感じられる。おもしろい現象だが、喜んではいら

  れない。


  疲れるとゴロゴロで、それでもこれ以上、老化、劣化、ボケが悪くならないように、文字を読んだり。

  ラジオも聞いて、文字をも見る。久々に、やけに早口の方のおしゃべりを聞いた。これがわからない。

  異国の言葉かいな、という感じにもなる。特に低い声の場合、なにを言っているのかわからなくなる。

  再生装置を変えて、少し高い音に聞こえるようになるが、それだと、少しわかりやすい。文字を見るのと

  低い声の早口のおしゃべりを聞くのと、同じ程度の難解さがある。


  夜は、最近はどうゆうわけか、TV はまったく切っていて、小冊子の文字を見る。

  今ごろ、というのは書かれている内容が古かったり、また戦後、すぐに冷戦の時代が来るが、それに関する

  ものであったりで、あるところは興味深く感じられる。

  内容が古い時代に書かれているものである。そうなると、先入観で名前だけは知っているで終わる。

  が、わかりやすくか、あるいは興味を引く内容を取り出すことの出来る人が、分析し、いまに通じるもの

  にしてくれると、これは読める。ただ、すぐにどうだったかは忘れるが。いまの時代に十分通用すると

  いうのは、いまの時代のことを書いていることにもなるので、なるほどなーと思う。

  それなら、読みたいと思うわけ。


  朝の空。




  その一。




  その二。




  その三。




  その四。




  その五。




  その六。




  その七。




  その八。



  髪を切ったので、頭洗うのは楽だ、と思っているが、ある状態にならないとなかなか、その気に

  ならない。それは突然くることもあって、でも概して、むさくるしく感じるとき、となる。その気に

  きのうの午後になって、洗った。だがさっぱり感はない。

  むかしはあったのだが。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 強風と乾燥。雲が出て来て、... | トップ | ある程度の量の雨を待ってい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

散策」カテゴリの最新記事