光年・千年

纏わりつくが、纏まらないおはなし、日記ふう。

サンゴジュが赤くなる。アジサイの茶と白、ここにもカラスウリ。

2017-07-14 13:09:13 | 植物・花(夏)
  ムッとくる熱気だが、暑いときは、暑くなるようにする。いえの中でだけ。

  これは「でたらめ」な感じがするが、外を歩くよりは、程度は軽く、さらにいつでも、水道の水は飲めるし

  危ないなと思ったときはゴロっとなればいい。その程度の軽い運動で、頭の痛みも薄らいだ。

  出来ることしかしていない。なかなか、客観的な判断はむつかしい。

  掃除機が重く感じられるときもあれば、そうでないときもある。いくらか、同じ例はあげられる。


  サンゴジュ、というのは、ふつうの木で少し背は高い。なんでサンゴか。

  そういえば、と思う。逆に、「サンゴ」とはということもいえる。珊瑚、海にいるはずで

  生き物かどうかわからないようで、いまは私もそれが生き物なのかと聞かれると、わからん、と答える

  しかない。あまりに、縁がなくて。サンゴジュはその点、ここにもあればあそこにもあるで、でも花は

  知らない。概して花はわからない理由は、背が高いことが一番だが、サンゴジュと気が付くのは赤くなっ

  てようやく、というときが多いから。


  アジサイは、花は枯れても生きているし、茎の1cmでも残れば、雪に埋もれても、また芽が出る。

  これが繁茂すると、ちょっと大変だが、背が低い。花の色に、興がゆくけど、それ以外のとき

  は、どうでもいいと思っている。

  ヒメヒオウギズイセン、この赤。



  7月12日、午後、雨が降って、すこし涼しいとき。2回目。



  その一。カラスウリ。どこにでもあるな、と気が付くときがある。




  その二。アジサイの薄い青色にも、未練。




  その三。真ん中より上、わずかに赤い。これ、サンゴジュの木で、花が咲いて実ができるときの

  色。そのうちに、真っ赤になる。




  その四。上れない壁がある。トンネルないか。




  その五。




  その六。ヒメヒオウギズイセン。ここには、かなりの水滴。




  その七。




  その八。ふつうにいうアジサイは、これからなのかな。




  その九。ガクアジサイ。



  わずかに風がある。もしかして雨が降るかも知れない。

  夏はこれからだけど、と毎日思うが、どうなるかな、しか言葉としては残せない。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コロコロと、ってな感じは、... | トップ | けっこう暑いけど、夏だから。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む