光年・千年

纏わりつくが、纏まらないおはなし、日記ふう。

今日は暖かいような。白い花を咲かせる梅、別の角度から。

2017-03-06 13:48:46 | 植物・花(春)
  さきに、3月3日に撮っている、ここのいえの梅の花より、梅の木の様子。

  空に白い雲と青空もあって、樹齢何年かはわからないが、梅の生命力と季節らしさがうまく出ている

  時間でもあると思う。




  その一。カメラはキヤノンのG10。そろそろ限界に近いが、まだまだがんばってもらわないと。
  ただ画像の処理は、ニコンの、キャプチャ 4( Nikon Capture 4)で。これも、がんばっている。

  


  その二。




  その三。今日3月6日も、この梅の木を見ているが、花は少しずつ増えている。




  その四。




  その五。この距離だと、花はほとんどわからず、空の色と梅の木の枝の色で春らしさが出れば
  と思っている。




  その六。晴れているが、雲も多いこの季節で、光が当たるか当たらないか、で感じは違う。




  その七。




  その八。




  その九。


  
  で、体調もよくなくどうなることかと思っていた。風邪だなと思っていて、ふだんこうゆうことには

  ならないということもあったが、それがなくなると、今度はまたそれはそれでけっこう難儀なことは起

  こったりもする。ただ、あくまでも結果は少し遅れて出てくるもので、それに気が付かない。

  元気かな、というのはもうなく、人の体調というのは毎日違う。しかしそれに気が付くのは、きのうと違う

  いまにならないとわからない。


  篭っている場合が多い。安全かどうか、これは違うようだ。

  で、花粉吸いにいっている感じはあるが、かなり遅め、もう午前11時を過ぎて、どうするかなと思う。

  どうしても、出かけるときは、切るものは切って、鍵もかけて、時計も持って、鏡を見て、面倒な作業は

  多い。

  せいぜい時間にして、20分くらい。ただいろいろな準備を加えて、30分。履く靴、これは運動靴にした。


  同じ空間にありながらこうも違うか、というのがわかりやすいのはやはり植物で、まずはクロッカスを見つ

  けた。アネモネは見なかった。ツバキの花もたくさん咲いている。スイセンはいろいろな種類があるので

  これはいろいろだが、それでも忘れている色がある。


  雑草もたくさん出て来ている。この名前も忘れるものが多い。植物は多くの場合蘇る。

  むかし、そこにあった「いえ」は、というのはいつも思うが、あるところは広くなって、あるところは

  新しくなって、あるところは、ちょっと寂しげに、一軒だけ。


  変化があるが、変調にならないようにしないと。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウグイスも鳴く暖かさ。雨予報。 | トップ | 雨が少し、雪がたまにポツリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物・花(春)」カテゴリの最新記事