光年・千年

纏わりつくが、纏まらないおはなし、日記ふう。

5月16日、日没後の印象。

2017-05-17 14:52:30 | 散策
  日没後、と書いて、本当かどうか。

  国立天文台の暦計算室のページを開く。

  今日は5月17日、きのうは16日で、富山の「日の入り」の時刻は、18時52分。

  カメラの時計は、2、3日前に、電波時計を見つつ、時刻を修正。

  遅れるものがあれば、進むものもあって、1分間までの狂いはなかったが、30秒以上というのはあって

  かなり焦った。ときどき、電波時計を撮ったりもするが、うまく補間出来る場合は少ない。


  なんと一枚目の画像の時刻、カメラによると、18時55分とある。

  地平線があって、日の出でも日の入りでも同じだろうが、その方向は、もっとも大気の層は厚い。

  これはわかりそうだ。

  その影響で、太陽はそこにないのに、太陽だけではなく、似たような対象はあるような気もするが、少し浮き

  上がる。浮き上がるので、太陽はそこにあるように、すでに出ているように見える。

  嫌なことを思い出したな。日没でも、同じことはいえる。沈んだが、浮き上がる。

  まー、そうゆうことは、いま考えることではない。この後もないかも知れないが。


  それで、日没後の印象。妙な感じがあるので、画像としてはおもしろい、と思う。




  その一。西の方角。地平線はわからない。地上の建物はある、木々もある。18時55分。




  その二。




  その三。地平に近いある部分だけが、赤味が濃い。濃いオレンジ色ともいえる。この辺だろうな、

  太陽があるところは、と思うしかない。すぐ真下だろうか。




  その四。注目すべき場所はこの辺り。




  その五。しかし、夏至はまだまだ先だ。とすると、もう少し左側かな。




  その六。うまく、発電所の煙突のストロボライトが写った。




  その七。




  その八。18時57分。


  今日は、きのうと似たようなお天気で、北風が吹いている。

  この辺りと言っても限られるが、見た感じほとんどの田んぼにはイネの苗は植えられている。

  早いところは、早い。一度だけ水没しそうなイネの苗の画像は出しているが、あれを見れば

  その日付はわかる。


  直播きというのもある。イネの苗は、いまはふつうカセットのような入れ物のなかで、ビニルハウスで

  育つ。ある大きさになると、そのカセットのイネの苗は、箱といった方がいいと思うが、箱から出されて

  トラクタに詰まれて、専用の機械が、その苗を代掻きされた田んぼに植えてゆく。


  直播きはどうか。これもいろいろ、問題点はあるようで、まったく知らない。ただ、蒔けばいいというものでは

  ないのはたしか。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シャクヤクの花、午後の光で。 | トップ | 雲の多い空だが晴れ、アジサ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む