光年・千年

纏わりつくが、纏まらないおはなし、日記ふう。

ガクアジサイ、白い。粒粒の花はまだ少し。

2017-06-14 14:14:42 | 植物・花(夏)
  お天気、北風で気温も上がっていないので、いい状態。

  気温が上がるとだめだなー。たぶん。


  きのうの曇りの天気のときに、このガクアジサイほか、ネズミモチの花や雑草を撮ることに。

  風もあって、休み休み。ちょうどいいと思う。

  むかしはあまり感じなかったと言うか、気にもしなかったが、寄れるカメラだとカメラの影に入って

  少し薄暗くなる。晴れの明るいときはよくわかるが、曇りでも同じことが。

  最近だと思うが、はてなと思う事も多い。植物は変わらず、変わっていくのは、自分、私のことか。

  これで問題は解決。




  その一。最後のほうに撮っているもの。かなり離れて。ガクもつぶれているようで限界かな。

  花(ガク)の数はまだ多くはない。




  その二。




  その三。


  ここから、比較的近付いて撮ったもの。露光は、かなりマイナスに補正。



  その四。一番光が当たるところ。粒粒の花もいくらか咲いている。ガクのほうで、赤い色や

  茶色が出る。




  その五。




  その六。




  その七。




  その八。カメラのモニタで見るのは、まずはピント。外の明るさがあるが、もう少し明るく見える。

  撮ったらほとんどの場合すぐに、PC に画像をコピーして、様子を見るが、白い色がある場合、そこ以外は

  暗めである。いまはこの方法。


  朝、いつものように出かけていて、いやなものを見てしまった。あれまー、竹が外側にまで出ている。

  右に曲がるか左に曲がるか、どっちにしてもゆく場所は限られるが、右に曲がっていて、今年出て来た竹を

  見た。


  気が付かないことも多い。七夕といっても、いまは竹の需要はない。お正月くらいである。

  それ以外に、「アンちゃん竹もらってゆくぜ」、てな感じのものもある。

  外だとやりにくい。しかしいくらか切った。あとは槍投げ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« このところ寒い、夜中は晴れ... | トップ | 快晴のお天気、すがすがしさ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物・花(夏)」カテゴリの最新記事