光年・千年

纏わりつくが、纏まらないおはなし、日記ふう。

ナンテンの新芽、草の繁茂、カエデの葉。春の色の満開。

2017-04-23 14:01:34 | 植物・花(春)
  北風で、空は晴れていて、快晴のお天気だが、立山連峰、むかしからそうだと思うが、どうゆうわけか

  見えない。

  いま、もう一度、椅子に座って窓から東の方向を見ているが、恐らく3000m に近いという峰峰の辺りは真っ白で

  雲の上に浮かんでいる。麓のほうも、うっすら白い、薄っすら青い、そうゆう色が見えている。

  いつも忘れているが、立山連峰は、平地から続いていてどうゆう風にしていつ出来たのか、わからないが、

  ここから、稜線、頂まで直線引いたとして、その半分くらいからは、もっとかも知らないが、もう山だと

  言っていい。どこが中間点か、といつも思うが、直線で考えると、平地ではない。すでに山といっていい場所。

  それでなかなか見えない。そうゆうことか、遠いのである。


  もっとも近いところ、ここのいえの中。そこにあるものは、購入するまでは商品、購入したらゴミと

  いわれるものが多いが、いまのところ、冷蔵庫、一度修理したが、その後は故障はなく、よく冷えている。

  冷たいのである、中にあるものを取り出すと。

  いまの気温は冷蔵庫の中より、かなり高いはずだが、暖かさはなく、冬は冷蔵庫の中の温度になるところで

  あまり冷蔵庫の中のものの冷たさは感じない。しかし、いつなにが起こるか、これは誰もわからない。

  で、心配はしない。こんなことまで書いていて。


  4月21日、金曜日。カレンダの5月はよく見えるが、4月は光の加減でよくわからない。見事に光を

  反射している。こうゆうことで、今日は何日の何曜日か、よく間違える。4月は頭にあって、カレンダは

  3月を切り取って、5月が見えるようにしている。なぜ、こんな薄いインクを使うのか、あるいはもう少し

  大きな字体を使わないのか。観賞品と勘違いしているのかな。


  その4月21日、金曜日のちょうどお昼の時間。草とか花の続き。




  その一。比較的、いまに近い、ナンテンの新芽、新葉。




  その二。もう一本の方(右側)だと思うが、これはまだ赤い。




  その三。チューリップ一輪。きのうのとは反対の方向から、東の方向を向いて。




  その四。スズランスイセンは、こことは違って、西側にあるのは前からわかっていた。

  ここは玄関から見ると、東側で、むかしは木が密に生えていた。




  その五。カエデ、葉の色が変わった。




  その六。




  その七。画像を見ていると、圧倒される美しさ。生命力。




  その八。エンドウという名の付く、草は「カラスノエンドウ」しか思い浮かばないが。

  小さい、赤紫の色が、少しだけあるのに気が付く。ハルジオンは、花が咲いてからでも遅くは

  ない。もう咲いているかも知れない。


  この先、少しだけ天気はいいようだが、どうなるか。朝まで晴れると、放射冷却は避けられないから

  霜が降りてもおかしくはないような気はする。霜注意方は今ごろでもよくでる。あとは雪崩。

  晴れると海風、北風になる。夏ならいいけど。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月23日、早朝の金星と細い月... | トップ | 空は青いがちょっと寒い。夕... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む