ヒガレイ釣り


 11月2日尾崎白浜漁港喜宝丸で6時出航でカレイ釣りをしました、今日のメンバーは何年振りの鶴田君と何時もの秀明君、桜井さんとの4人で久しぶりの釣り行となった、この間何度か計画したが台風や時化で中止となった。
 ヒガレイが釣れてると情報が入って相当日にちがたったので残っているか?心配しながら漁港に向かう、船頭も台風後やってないので行って見ないと分からないと言う、6時丁度に出航小松湾に向け走る。


         <柏木島>
 柏木島前から流し釣りを始める、船頭の合図で一斉に仕掛けを投入、今日は電動リールを使う、秀明君から電動が必要かどうか?聞かれたので船頭に聞くと60m位と言うので私も使ってみるかと持ってきた、去年は一度も使ってなかったので充電したが今朝出発まで充電が終わって無かったので投入前にテストしたら動いたので使用に踏み切った。
 錘が底に着き2,3度小突くと竿先が海面に突っ込む、合わせてリールを巻こうとスイッチを入れるがリールが動かない、何でとよく見るとリールとの接続ジャックが外れてる、手巻きで巻き上げる、久々の引きだ!!35cmは超えてる、周りから大きい!!と羨望の声が聞こえる。エサを付け替え投入間もなく当たり、前より強い引きだ、今度は電動で巻き上げる、途中で魚のツッコミがなくなる、バレタ残念、今日の仕掛けは手造り天秤の片天仕掛けで長めにした、針はチヌ針5号を使用してる、巻き上げ速度が速すぎたかと次回から下ろす、次第に浅くなり40数メーターになると来なくなる、又柏木島前に戻って流す、最初に釣るのは私だが何時もの事だが何かコケル、飲み込まれた針を外そうとペンチで針を引き抜こうとして針を折ってしまったり、水深が50m前後なので手巻きリールの竿に交換したがやっぱり楽な方が良いと電動に戻したり一番釣れてる時にやったり、お祭りして仕掛けがキンク癖が付いて仕掛け交換を移動中にやる予定が手間取ったりして釣れてる時を逃がしてた。
 交換した仕掛けも皆より釣れてたが根係で切って次の仕掛けは別のタイプにしたらあまり釣れず、この際仕掛けテストをしてみるかとやったらこれもあまり釣れなかった。全然釣れない分けでも無いので時間も無いので最後まで使う。
 流し始めは型は良いけど浅くなると小さなのが釣れるようだ。
 タコは多かったようだ鶴田君はカレイが来なくてタコしか釣れないとぼやいてたが私には一枚も来なかった。


         <今日の釣果>
 今日は混ざりけなしでヒガレイ 28枚、 サイズは39cmを最大で38cm37cm(2枚)35cmオーバー4枚と大型が釣れた、秀明君は後半追い込み39枚、タコ、アイナメと竿頭で桜井さん、カレイ20枚くらいとタコ、アイナメ、鶴田君 カレイ 10位、タコ 10枚以上。
 仕掛けテストなどで釣果が伸びなかった、もっと真面目にやれば良かったとと反省。

     
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« アナゴ釣り 呪われた釣り »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。