アナゴ釣り


      <今日の仲間>
 9月26日5時出航で崎浜漁港福吉丸でアナゴ釣りをしました、釜石ではメンバーを集められず、気仙沼の小松さんにお願いしてセットして頂きました、明日は孫の塾の日で次の日より天候が崩れるため無理して今日の釣りとなったようです。
 今日は何時もの桜井さん、小松さん、船頭と4人での釣りでした、船頭も釣るから四人だと言うが小松さん無理して私たちに合わせてくれたのではないかと申し訳ない気持ちで一杯です。
 まだ明るいのでゆっくり準備し仕掛けを投入する、暫くすると桜井さん巻き始める、早い!!上がって来たのはマダコでした、幸先良いスタートでした、日が陰り薄暗くなったところで船頭が来た!!と巻き始める、アナゴだが小さなペンシエルサイズだ、いよいよスタートだなと小突きにも力が入る、小松さんにも小さなのが来た、小松さんとと船頭はこんなのは崎浜のアナゴでねえとボヤク、私にはピクトも来ないのでエサ点検をする、エサが全然無い小さいから飲み込めないか?とエサを付け替え投入、船頭に電話が入り釣果の問い合わせだ、橋本さんで以前小松さんと同じメンバーでアナゴ釣りをした人だ、夜釣りの一人は危険を伴うので一緒に行動してるのだ、向こうも小さなのしか釣れてないようで数も釣れなそうだ。

 移動してみる、仕掛けを上げるとエサが付いてない、私の感度が鈍ってるのか?と考えながら小突いてるとピクと竿先に当たりを感じる、小さなアナゴが来たかと巻き上げるとドンコが口を開けて上がって来る。


    <スムシの大群>
 エサが取られるので早めに上げてみる、エサが真黒くなって上げって来た、写真が床に散らばったスムシの大群である、本命のアナゴは姿を見せないが数ではすごく釣れたぞ!!と負け惜しみを言う、今日は釣れない日だなと思ったが早く上がっては船頭に払う船賃の関係も有るので黙々と小突き続ける、船頭も今日は魚の機嫌が悪いようだから別の日に仕切り直しをしようと言ってる。それでも9時まで頑張り終了となる。
 今日の釣果は、船頭 アナゴ小 2匹、小松さん アナゴ小 1匹、ドンコ 1匹、桜井さん 真蛸 1匹、 私 ドンコ 2匹でした、
船代は船頭が油代だけと1000円だけ取って返金される、釣った魚は船頭、小松さんが持たしてくれ桜井さんはいらないと固辞しこの小さなアナゴでは作るのも大変だなと思ったが押っ付けあってるのもと貰って帰る。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ヒガレイ釣り ヒガレイ釣り »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。