いい日旅立ち

平凡な大学教師の日々の感想をつづったブログです。お暇なときにご覧ください。世の中で起こることこうしてほしい事書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

去る友人、来る友人

2017-06-18 20:12:54 | 日記
この1年の間に、2人の、大切な友人を失った。
ひとりは、45年来の付き合いで、学生時代以来の親友であった。
ちょっとした行き違いで、間を絶つことを余儀なくされた。
ほんとうに、つまらないことが原因で、もったいないことをした。
しかし、仕方がなかったのだ。自分の力で解決することはできない。
もうひとりは、比較的新しい友人で、今でもその人には、好感を持っている。
ちょっとした事件があった。
そこで、仲裁に入った人が、不公平で、仲裁者としてふさわしくない解決法をとった。
はじめは憤慨したが、「完全な仲裁」などありえない、と思い直してあきらめた。
あまり策を弄すれば、不健全なことが起こるかもしれない。
それは、避けなければならない。
きっと、人間にはどうすることもできない領域、というものがあるのだ。
その領域での出来事だったと思っている。
仲裁者に恨みはない。仕方がなかったのだ。
他の仲裁者が入れば、ことはもっとこじれたかもしれない。
これが、「去る友人」。
しかし、よくしたもので、高齢者になった今、
思いがけない場所で仲が良くなった、新しい友人がいる。
今までの友人にはなかったタイプで、付き合っていて、新鮮味がある。
学びの道も、職業もまったく違っていて、普通なら交わるはずもなかったのだが、
ある団体で、趣味を楽しんでいる間に仲が良くなった。
2人で、時々旅をする。
長年生きてきて、様々な人を見てきたが、友人として、これほどユニークで、付き合って面白い人はいなかった。
これが、「来る友人」。
これからも、新しい友人に恵まれるかもしれない。
あきらめないで、懸命に生きようと思う。
不愉快な過去をひきずるのは、人生の浪費だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おかえりなさい | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事