洋服を縫わない縫製工房

ミシンを使って、洋服以外で、できることは何でも挑戦!
薄物から、厚物、金属?関わったものを紹介します。

ニコラゲート part 4

2016年10月12日 | ものづくり

昨年の6月に製作した「ニコラゲート partⅢ」が破損してしまいました・・・

製作時の不安、ニコラの佐野家、襲来時の出入りの激しさ・・・などを顧みると

良く持ったなぁ~~  という気もしますが、

破損に加え、網戸からの冷気の侵入も考えて、新作に取り組むことにしました

partⅢでは、5.5㍉のMDFボードを2枚使い、内側に溝を掘り、網戸用ネット&ゴム押さえで

固定しました。

枠受けには、切った4㍉の釘とバネを利用して、可動セットしました。

partⅡまでに学んだことは、軽過ぎると風で揺れすぎたり、閉りが甘くなることです。

とはいっても、2枚重ねだと、材料費も製作時間もかかります。

そこで、勉強中の 3Dプリンターで可動部の部品を制作して、安価で製作してみることにしました。

写真のデータのようなMDFボードを挟む形のサイドピンを造形することにしました。

プリンタードライバー(?)では推定造形時間は1時間2分、材料で使うABS、1.75㍉径の

フィラメントの使用量が3.71mと出ています。

(このフィラメント長が出るのは助かります。1リール、1㎏ですが何メートルあるのでしょうかね~~?)

で、造形完了しました

色々と、望むところまでは達していませんが、なんとなく形になることに感激します

枠に刺さって可動するピン部分の強度、摩耗性については全くわかりません・・・・

今後の貴重な資料になると思いますので楽しみです

樹脂部品が葉損しても、再造形して、1年くらいは使うと思うので、遊び心は大切にして

定番シルエットは怠りません

今回は、網戸ネット式ではないので裏表があります。

写真の2種類を書いてみました

さて、どちらを屋内側、外側にセットしましょうか・・?

明日、工場のみんなの意見を聞いて取り付けようかと思います。

取りつけたら、ニコラ君の出入りをYouTubeにでもあげようかな~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3Dプリンターの出番! | トップ | オリジナル、チェスト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL