P突堤2

「でにをは」別口入力・三属性の変換による日本語入力 - ペンタクラスタキーボードのコンセプト解説

Shiftキーの使いどころ

2016-10-13 | かな84キー+記号キーがある事の利便性
JIS X 0213(符号化文字集合)やそれ以前から規格化されている特殊なかなは普段あまり見かけるものではなく使用場面も限定されてくるかとは思いますが、ペンタクラスタキーボードであまり有効に使えていないかなタイプ時の[Shift]キー同時押しに適用されればニッチな需要にも対応できると思います。

半濁点付きのか行(か゚き゚く゚け゚こ゚)(鼻濁音)        ※クラスタキー「が行」+Shift
半濁点付きのカ行(カ゚キ゚ク゚ケ゚コ゚)(鼻濁音)        ※クラスタキー「が行」+Shift
ひらがなの(ゔ)                         ※クラスタキー「う」+Shift
小書きのか・け(ゕゖ・ヵヶ)                  ※クラスタキー「かけ」+Shift
濁点付きのワ行(ヷヸヹヺ)                  ※クラスタキー「わゐゑを」+Shift
アイヌ語仮名(セ゚ツ゚ト゚)                     ※クラスタキー「ぜづど」+Shift
アイヌ語小書き(ㇰㇱㇲㇳㇴㇵㇶㇷㇷ゚ㇸㇹㇺㇻㇼㇽㇾㇿ)    ※クラスタキー・各かな+Shift

問題はgooブログで投稿したときに文字化け・エラーになるかどうかが心配ですが…

余談ですがMacのことえりではアイヌ語入力に対応していましたがそれにとってかわったOS X Yosemiteでの日本語インプットメソッドにおいては日本語とは別の独立した設定で使うことができます。
最近ではマンガ大賞2016を受賞したアイヌ描写満載のマンガ作品『ゴールデンカムイ』でもアイヌ語の特殊表記が多用されており、作品談義をするうえでは避けて通れないトピックであると言えます。
こんなところでしょうか。
『コンピューター機器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三属性変換は万能ではない | トップ | やっかいな副詞の扱い-属性を... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む