脱ステ後のアトピーを、脱保湿・食事療法で 自分で治していく前向きブログ

2006年4月より脱ステ開始
10年の脱ステのヤマを越えて
生活習慣の改善で、あとぴ完治の道へ


3連休の過ごし方(リバが終わったと仮定して・・・)

2017-07-17 20:21:57 | 脱ステ11年目
11年たって、リバウンドという言葉が遠のいている気がする

それと引き換えにあとぴが、変わった場所に出現している
それが、両足の指と、手の甲(前にもあった)、背中の骨盤のうえあたり
と、おでこの左側・・・

で、リバとあとぴでは、多少治療法を変えている
リバの時は、プチ断食をよくやった

が、今回は、3連休に実行した(といっても
結果そうなっただけだが)

まあ、簡単にいえば、3日間、
畑仕事と、ウッドデッキの修理と運動
で過ごした

もちろん、猛暑と湿度のため、水分はよくとったが
(糖分はNG)、
一番は、汗をかくこと、それも昼の作業とラン
を中心に・・・

あとは睡眠
これも、クーラーをやめて、窓を開けて
扇風機のみで、快眠ができた
結果、骨盤あたりのあとぴは、ぬめっとした汗みたいなものが
出ていたのが、朝になると、乾燥して、かさぶたになったりしていた

さらに、ガス腹がよくなって、
便通もよくなった気がする

考えてみれば普通の生活だが、
仕事をしているときは、なかなかこういった治療の実行が難しい
特に、忙しい今のような昨今では、残業がその時に
ならないとわからないし、ストレスもある

たった3日間の休みでも、プライベートでは、あとぴの変化が
今回のように実感できる(いいほうに)

これをうまく、日常に切り替えることができたら
完治の日は、たぶん、近い・・・

ただ、一番のネックは、今の体の状態が
それほど、つらくないので、すぐ自分に
甘くなり、甘いものとか、糖分を摂取してしまう

結果、あとぴは、いろんな箇所に出没
という悪循環を起こす
以前よりも、糖分摂取が、体に影響を
及ぼしてしまうこと

というのも、先日の公演の時には、
あまり悪化してこなかったあとぴが
終わったとたん、出現してきたという事実・・・

ただ、過去に起こったの酷いクラッシュにはまだ
至っていない(現在の状態だが)

もう一度書く

あくまでも、この考えはリバのあとのあとぴの
治療法の話です


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いかに快適に睡眠をとれるか... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL