脱ステ後のアトピーを、脱保湿・食事療法で 自分で治していく前向きブログ

2006年4月より脱ステ開始
10年の脱ステのヤマを越えて
生活習慣の改善で、あとぴ完治の道へ


皮膚の連動性

2016-10-18 05:56:10 | 脱ステ10年目
程度の差こそあれ、あとぴは上半身を中心に
ほぼ全身に出てる

軽い箇所は、かゆみだけ、乾燥はだ(背中、首など)
次は、落屑(ふけ)(頭皮、、肩、腕など)
そして、一番あとぴぽいのが、おでこ、手首(上側)、背中の骨盤あたり

この3か所みごとなまでに、シンメってる
体の両側にひとつづつ。

面白いのは、その連動性
良化と悪化を繰り返しているが、
ほぼ同等な変化を示している

つまり、3か所とも悪化も良化も同じように
変化している

で、他の軽い場所も、同様な感じがするのだ
おそらく、血液は全身に流れているのだから
当たり前のことなのだろうが、

逆に考えると、消沈もおそらく
体全体が、同時に進行していくような
予感はしている

水分摂取と入浴法
早くも、効果が表れだした
ただ、けっこう掻くのを(剥がすのを)
がまんするのは、しんどい

さあ、ファイナルラウンドだ・・・



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ランの後の入浴法 | トップ | プチ断食 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL