空き家問題から高齢化問題や障がい者問題を考え、皆さんが楽しく活躍できる社会を提案する大田区の会社 PHCのブログ

当初空き家問題から高齢・障がい者問題に繋がっていきました。そういう問題、皆が活躍できる社会にしていくためのブログです。

民泊って儲かる?

2017-01-30 14:59:21 | 空き家活用
みなさん、こんにちは。
大田区空き家管理・活用の会社PHC(プレシャスハウス)です。
今日の記事はこれです(毎日まんがニュース2015.12.17付)。
民泊って何?の巻

民泊ってどんなの?どういうシステム?問題点は?などをかいた漫画です。私もここでいろいろ民泊のことについてお話しましたが、確認ということも踏まえまして初歩ですが民泊のまんががあったため掲載いたしました。

実際始めて儲かるのでしょうか?収入と支出を考えてみましょう。主な収入は宿泊費です。東京23区内で民泊の平均価格は1泊8000円強になります。稼働率は42%、だいたい13泊あたりになります。8000円強に13泊を掛け合わせると106800円あたりになります。これが収入源になります。
支出はどうでしょうか。まず電気・水道・ガスといった光熱費やトイレットペーパー・タオル、サービスで置くWifiなどの備品費、Airbnb利用の場合はAirbnb側に宿泊費の3%の手数料になります。光熱費・備品の平均はだいたい15000円ぐらいになります。手数料は3200円ですので収入から支出を差し引くとだいたい88600円になります。もちろんあくまで平均ですので、人気物件になれば稼働率は増えるので収入は上がります。また清掃費ですがこちらは別途ゲスト様から徴収できますので今回は省かせてもらいました。

あくまでも持ち家という前提で作成いたしました。賃貸ですと「また貸し」となるためオーナー様から民泊をする許可をとってからの営業となります。その場合は支出に家賃が計上されてきますので今度は支出に家賃を計上してください。

民泊を始めるにあたり、家具を入れたり備品を購入したり登録するのに登録代行会社を使ったり民泊するのに民泊代行業者を使ったりと費用がかかります。それを使っても儲かり、損益分岐点がどれぐらいで超えるか?をよく考え「これなら儲かる」と思えば始めたらいいのではないでしょうか。

弊社HPです・・・
空き家管理はこちらをクリック・民泊関係はこちらをクリック
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゲストの評価も高い?地方都... | トップ | 廃校跡地活用で効率的建て替え  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

空き家活用」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。