空き家問題を考える大田区の会社 PHCのブログ

空き家活用、空き家管理、防犯カメラ、民泊、etc・・・。空き家に関する情報を発信します。

本当に「民泊は悪」なのか?①

2017-04-19 09:47:45 | 空き家活用

みなさん、こんにちは。
大田区空き家管理・活用の会社PHC(プレシャスハウス)です。

 

某サイトにおいて「民泊新法制定断固反対!」というのを見ました。そこには「地元住民に多大な迷惑を及ぼしている違法民泊を即根絶!」を筆頭に「民泊は悪だ」と言わんばかりのことを記載し、署名活動を行っているところがあります。果たして本当に「民泊は悪」なのでしょうか?ここに記載されている主張を元に検証してみたいと思います。

 

・政府が今国会で審議する「民泊新法」では約46000件に及ぶ違法民泊厚生労働省管轄のの旅館業法の枠から外し、民泊の管理業者が国交省へ登録、家主は自治体から届け出、仲介サイトは観光庁に登録することで合法とするものです。空き家・空き室を持つ一部不動産業界の利益を優先させるこの法案が通れば、国民の安心で平和な住環境を大きく脅かすことになります。またこの民泊は、ほとんどが都内。市内で営業されており、外国人旅行者は郊外、地方に行くことにならず、国が国策として掲げる地方創生政策の全く逆となる結果となっています。

                            ↓

民泊は「とりあえず部屋が空いてるからやってみようかな?」という簡単なものでできるのではありません。民泊も旅館業法と同様に、規制が厳しいのです。その規制が厳しいため「登録がめんどくさい」や「やってもバレない」など取り締まりも緩いので、違法民泊が増えたのかと思います。今後はこの法案で違法民泊を厳罰化することとなっております。また、確かに一部の不動産業界に利益があるかもしれませんが、今空き家問題は由々しき問題で、空き家活用で民泊を使用するのは空き家率を下げる面において重要なことかと思います。また民泊で問題視されている騒音やゴミ、治安の低下など近隣住民トラブルも言われいていますが、民泊をする際には必ず近隣住民に民泊営業の周知徹底を掲げていますので近隣住民が反対すれば営業はできません。そして地方に外国人が行かなくなると言ってますが私からすれば「いつの時代の意見?」と思ってしまします。というのもインターネットが普及している世の中で、確かに初めて日本に来られる方は都会が中心になるかもしれませんが、ネットで口コミを見た人が写真などアップしているのをみて「ここに行きたい」と言われる方が急増しており、地方に行く外国人が増えているのです。これは地方の方の接客の努力でありおもてなしの心が多くの外国人に評価され、口コミで広がっていったのです。これは全く違っており、いいがかりのように思ってしまいます。

 

これからここに書いてあることを同調・批判をさせていただきたいと思います。今回はこれまで。また明日!

 

弊社HPです・・・
空き家管理はこちらをクリック・民泊関係はこちらをクリック

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大分)「特定空き家」 点数... | トップ | 本当に「民泊は悪」なのか?② »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。