空き家問題から高齢化問題や障がい者問題を考え、皆さんが楽しく活躍できる社会を提案する大田区の会社 PHCのブログ

当初空き家問題から高齢・障がい者問題に繋がっていきました。そういう問題、皆が活躍できる社会にしていくためのブログです。

ホームレス状態からアパート入居を目指す「ステップハウス」利用中の吉富さんに話を聞いた

2017-05-12 10:23:21 | 空き家活用

みなさん、こんにちは。
大田区空き家管理・活用の会社PHC(プレシャスハウス)です。
今日の記事はこれです(THE BIG ISSUE ONLINE 5/12付)

ホームレス状態からアパート入居を目指す「ステップハウス」利用中の吉富さんに話を聞いた

住宅困窮者やホームレス化の危険がある若者の住宅問題の解決には「空き家」を含む民間の住宅ストック活用がひとつのカギになると考え、ビッグイシュー基金では、協力的な家主さんから固定資産税分のみで提供された空き物件を活用して、ホームレス状態の方が初期費用や保証人を立てることなく一時的な居所として利用できる「ステップハウス」を実験的に運営しています。このステップハウスは利用料の一部を積立金にできる仕組みとなっており、ここを足掛かりにアパート入居や就職活動などの生活再建を応援する事業です。関西で全5室あるうち、兵庫県内にあるステップハウスは、キッチンとミニダイニング、トイレつきの和風物件。3月から利用開始した、大阪でビッグイシュー誌を販売する吉富さんにお話を伺いました。布団で寝るのは半年ぶりくらいだったんです。でも、入居した最初の頃は火曜日・水曜日の深夜になると、目が覚めちゃったんですよ。なんでかっていうと、火曜日・水曜日は清掃車が回ってくる時間だったから。路上で寝てると清掃の水でビチャビチャになるんで、長い間その時間は起きるようになってたからね。それが体に染みついていたんだろうね。今は慣れてきて、朝まで眠れるようになりました。できればお金を貯めて、アパートを借りたいね。あとは、住民票もうつして、免許停止のまま失効してしまった免許も更新したいな。ハローワークで仕事を探すときに、「要原付免許」みたいな求人もあるから、ステップハウスの次のステップとして、アパート入居、免許取得、それを活かした就職活動…みたいにできるといいね。・・・ということです。

 

今でも路上生活者の方が増えている傾向にあります。住む場所がない、家を借りるにも保証人が必要やもちろんそれなりのお金も必要となります。どうしてもその日暮らしの生活になるとまとまったお金を用意することはできません。もし就職するにも路上生活では就職できません。定まった家がないと就職できないからです。そのために一時的に空き家を使い数か月間でも定まった家として借り、就職活動をすることによって路上生活から脱出できるのです。ただでさえ雇用不足で企業からしても、もしその方が過去に仕事の技術を持った方ならその技術を生かすことができます。そのためにも空き家を使うことはいいのではないでしょうか。

 

そういった空き家の新たな再生法もありなのでは?

 

弊社HPです・・・
空き家管理はこちらをクリック・民泊関係はこちらをクリック

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民泊含む全施設に宿泊税提案... | トップ | 空き家の業務用冷蔵庫から男... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

空き家活用」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。